ドラフトを知ると野球がもっと楽しくなる

どのチームが「人」を育て強くなるのか

こういうトレードはどうでしょう~パ・リーグ編

 そろそろ暦の7月を迎えるが、新たにヤクルトの小沢怜史(日大三島高~14年ソ②)にDeNAの石川達也(法大~20年育①)、阪神の島本浩也(福知山成美高~10年育②)の3投手に、野手では広島の持丸泰輝(旭川大高~19年育①)が支配下選手に登録され、阪神日本ハムが新外国人選手の獲得が決まったが、トレードは未だない。

 そんななか、秋山翔吾(レッズ)のNPB移籍の報道があり、古巣の西武に加え、ソフトバンクと広島が獲得の意思を表明している。西武と広島は長い目で見て秋山が必要だと思うが、ソフトバンクは栗原陵矢や上林誠知の外野手のケガによる離脱で、短期的な補強になる。

 このほか、戦力的にはセ・リーグでは阪神や中日、パ・リーグではロッテも必要な選手だと思うが動きはない。特に中日は今季目立った補強もなく、成績も低迷しているなか何も動きはないのは不思議でしょうがない。まずは秋山がどういう決断をするかに注目が集まるが、個人的には広島の秋山を一番見てみたい。

 

ソフトバンク防御率2.77②(昨年3,25①)打率,264①(昨年,247①)

 開幕8連勝とスタートダッシュに成功し、昨年失速の要因となった交流戦を5割で超えると、2位楽天に1.5ゲーム差の首位に立っている。チーム打率と得点数はリーグ1位、チーム防御率は2位、失点数はリーグ3位と、今季も決してベストメンバーで臨めななか厚い選手層で首位に立ち、懸念されていた世代交代も進みつつある。

 ◆先発…千賀滉大⑥ 大関友久⑦ 東浜 巨⑨ 石川柊太 レイ

 ◆リリーフ…モイネロ⑤ 森 唯斗⑦ 又吉克樹 津森宥紀 藤井晧哉 嘉弥真新也 

 ◆打者…今宮健太② グラシアル⑤ 三森大貴⑫ 柳田悠岐⑬ 中村 晃⑮  

       甲斐拓也㉒ 牧原大成 柳町 達 上林誠知

 投手はエース千賀(蒲郡高~10年育④)を中心に、大関(仙台大~19年育②)や再入団のレイが先発ローテーションに定着。リリーフは、モイネロがクローザーを務め、中日からFA移籍の又吉(四国IL香川~13年中②)に津森(東北福祉大~19年③)が勝ちパターンを担い、戦力外から独立リーグを経て、育成から支配下を勝ち取った藤井晧哉(おかやま山陽高~14年広④)も貴重な戦力になっている。

 野手は今宮(明豊高~09年①)とグラシアルが元気で、出遅れていたデスパイネと周東(東農大オホーツク~17年育②)も戻ってきた。柳田(広島経済大~10年②)と中村晃(帝京高~07年③)、甲斐(楊志館高~10年育⑥)のレギュラー陣に加え、三森(青森山田高~16年④)や柳町(慶大~19年⑤)の若手がレギュラーを掴みかけている。

 現状、支配下選手は68名、不足している部分はあるが、特に戦力補強を急ぐ必要はない。先発では杉山一樹(三菱重工広島~18年②)に田上奏大(履正社高~20年⑤)、リリーフでは尾形崇斗(学法石川高~17年育①)に育成の重田倫明(国士館大~18年育③)など楽しみな若手が控える。

 野手では、リチャード(沖縄尚学高~17年育③)を筆頭に、捕手の渡邊陸(神村学園高~18年育①)、遊撃手の川原田純平(青森山田高~20年④)、外野の正木智也(慶大~21年②)がファームで好成績を残しており、各ポジションで有望な若手が揃う。

 こうなると出番の少なくなった中堅選手に活躍の場を与えるトレードが現実的で、代わりに有望な若手や甲斐の控え捕手、代打の切り札となるベテラン選手を獲得してはどうか?投手では奥村政稔(三菱日立パワーシステムズ~18年⑦)や大竹耕太郎(早大~17年育④)、野手では高田知季(亜大~12年②)や真砂勇介(西城陽高~12年④)は他球団でチャンスを与えても良いと思う。

 ☆☆ 高田知季  ⇔ 原口文仁阪神)~右の代打の切り札&甲斐の控え捕手

 ☆☆ 大竹耕太郎 ⇔ 細川成也(DeNA)~将来有望な若手選手獲得

 ☆  真砂勇介  ⇔ 大野奨大(中日)~甲斐の控えのベテラン捕手

 

◆楽 天…防御率2.88⑤(昨年3,40④)打率,236③(昨年,243③)

 開幕早々、チーム新記録の11連勝もあり、「このまま独走か?」と思わせたが、その後は貯金が目減りして、ソフトバンクに抜かれ2位に後退した。ファンのみならず、昨年のような後半戦での失速が頭をよぎってしまう。チームの躍進を支えているのは投手陣で、チーム防御率は5位ながら失点数はリーグ最少。失策数は12球団断トツの最小18(最も多いのは西武の48)で、今季は守りの野球が好結果に繋がっている。

 ◆先発…岸 孝之⑪ 田中将大⑫ 早川隆久 則本昂大 瀧中瞭太

 ◆リリーフ…松井裕樹③ 安楽智大 西口直人 宋 家豪

 ◆打者…島内宏明⑦ 辰巳涼介⑨ 浅村栄斗⑪ 西川遥輝⑱ 

       マルモレホス 鈴木大地 小深田大翔 炭谷銀仁朗

 安定感のある投手陣は、先発で経験豊富な田中将(駒大苫小牧高~06年①)に岸(東北学院大~06年西希)、則本(三重中京大~12年②)の三本柱を擁し、大型の連敗は考えにくい布陣だ。昨季リーグナンバーワンと言われたリリーフ陣も、クローザーの松井(桐光学園高~13年①)にリリーバーとして素質が開花した安楽(済美高~14年①)、宋家豪や西口(甲賀健康医療専門学校~16年⑩)が勝ちパターンを担い、酒居知史(大阪ガス~16年②)も復帰した。ただ、涌井秀章(横浜高~04年西①)とブセニッツが離脱し、主力を脅かす若手も今一つで、優勝を狙うには投手力をさらに強化したい。

 攻撃陣は、前半は日本ハムから移籍の西川(智弁和歌山高~10年日②)がチームを牽引し、機動力不足のチームに走塁意識を植え付けた。開幕当初不振だった浅村(大阪桐蔭高~08年西③)が復調し、打撃が課題の辰巳(立命大~18年①)も好調を維持している。ここに左手首骨折のギッテンズが加われば打線はさらに厚みを増すだろう。

 支配下は既に69名と枠に余裕がなく、トレードでの補強が必要になる。優勝を狙うには、やはり投手力の補強が優先課題で、先発では辛島航(飯塚高~08年⑥)が戻ったが、25歳以下の若手で戦力になっているのは早川(早大~20年①)しか見当たらない状況のなかで、戦力的に余裕のある内外野手で先発、リリーフともに強化したい。

 野手は相変わらず右打者が課題で、浅村のほかにレギュラークラスと呼べるのは川島慶三九州国際大~05年日③)くらいしかいない。交換要員では山﨑剛(国学院大~17年③)や田中和基(立大~16年③)、小郷裕哉(立正大~18年⑦)は控えでは惜しい選手で、投手では経験豊富な福山博之(大商大~15年横⑥)や森原康平(新日鉄住金広畑~16年⑤)は他球団でも欲しがる選手だと思う。

 ☆☆☆福山博之 ⇔ 北村拓己(巨人)~右打者の補強(一塁手ならベスト)

 ☆☆ 小郷裕哉 ⇔ 中村祐太(広島)~先発投手の補強

 ☆  田中和基 ⇔ 松本裕樹(ソフトバンク)~先発またはリリーフ投手の補強

 

◆西 武…防御率2.45①(3,94⑥)打率,222⑤(,239④)

 ここ数年、打高投低のチームだったが、今季はチーム防御率1位、失点はリーグ2位と投手力が上がった。ただ、山賊打線と呼ばれた自慢の打線は今季リーグ5位、本塁打はリーグ2位ながら、その半分は山川(富士大~13年②)で、盗塁数はリーグ最下位と得点能力は高くなく投高打低のチームに変貌してしまった。現在、オリックス、ロッテとし烈な3位争いをするなか、優勝を狙うには打線の強化が必要だ。

◆先発…高橋光成⑩ 隅田知一郎 エンス 佐藤隼輔 與座海人

◆リリーフ…増田達至① 平良海馬 水上由伸 宮川 哲 森脇亮介

◆打者…山川穂高④ オグレディ⑰ 外崎修汰㉑ 愛斗 呉 念庭 中村剛也 

      源田壮亮 栗山 巧

 投手陣は高橋光(前橋育英高~14年①)以外は新戦力が並ぶ。ルーキーの隅田(西日本工大~21年①)と佐藤(筑波大~21年②)、新外国人のエンスが当たり、サブマリンの與座(岐阜経大~17年⑤)も好投している。ただ、経験の浅い選手全員がシーズン通して成績を残すのは難しく、夏場に向け不安要素は大きい。

 リリーフ陣は、今季クローザーの増田(NTT西日本~12年①)が元気で、セットアッパーの平良(八重山商工高~17年④)と合わせて8~9回は盤石で、水上(四国学院大~20年育⑤)や宮川(東芝~19年①)から繋ぐ勝ちパターンが出来ている。

 打線は山川が本塁打ダービーを独走、打点と合わせて二冠、新外国人のオグレディも打線の中核を担っている。また、一番恐れていた源田(トヨタ自動車~16年③)の離脱も、ルーキーの滝澤夏央(関根学園高~21年育②)が見事にその穴を埋めた。

 ただ、外崎(富士大~14年③)が精彩を欠き、ケガから復帰した森友哉大阪桐蔭高~13年①)も今一つ。中村(大阪桐蔭高~01年②)と栗山(育英高~01年④)にフル稼働を求めるのが酷ななか、若手の台頭も乏しくレギュラーと控えの差が埋まらない。

 獲得を表明している秋山を逃すとなると打線の補強は急務で、特にレギュラー不在の三塁手や外野手を補強したい。堂林翔太(広島)と浅間大基(日本ハム)は三塁と外野を守れ、チームの補強ポイントに合致する。内野のユーティリティの柴田竜拓(DeNA)や若林晃弘(巨人)もチームにフィットしそうな気がする。

 そもそも支配下は63名と最も少なく、内外野を見渡せば似たような選手が多い。同じタイプの選手を放出して、捕手など不足しているポジションや他球団で出番に恵まれない選手の獲得など、秋山獲得以外にもやることがあると思うが…。

 ☆☆☆佐野泰雄 ⇔ 若林晃弘(巨人)~内野全般を守れる選手の補強

 ☆☆☆ 金銭  ⇔ 樋口龍之介(日本ハム)~右の内野手補強 

 ☆  高木 渉 ⇔ 石橋康太(中日)~将来性のある捕手の獲得 

 

オリックス防御率2.80④(3.31②)打率,233④(,247①)

 昨年は交流戦で弾みをつけ一気に優勝へ駆け上ったが、今季はなかなか上位に上がるきっかけがない。昨年は最大でも4連敗、同一カード3連敗が一度もなかったが、今季はすでに5連敗と7連敗があり、自慢の投手陣でも連敗を止められない。

 要因は上げればキリがないが、打線の中心の吉田正青学大~15年①)の離脱が長引き、スタートは昨季の本塁打王・杉本(JR西日本~15年⑩)が不振、新外国人のバレラやマッカーシーも2人合わせて3本塁打は不発と言える。

◆先発…山岡泰輔① 山本由伸② 宮城大弥⑮ 山崎福也 田嶋大樹

◆リリーフ…平野佳寿② ビドル 本田仁海

◆打者…宗 佑磨⑥ 福田周平⑧ 杉本裕太郎⑯ 紅林弘太郎 吉田正尚 野口智哉

      伏見寅威 中川圭太 パレラ 頓宮裕真

 先発陣は強固で、山本(都城高~16年④)と山岡(東京ガス~16年①)、宮城(興南高~19年①)、田嶋(JR東日本~17年①)と山崎福(明大~14年①)と豊富な一方、リリーフの層が薄く自慢の投手陣はリーグ4位と低迷している。リリーフ陣は、平野佳(京産大~05年希)が好調を維持するも今年で38歳、新外国人のビドルと本田仁海(星槎国際湘南高~17年④)が勝ちパターンを担っているが、実績のある選手が調子含め戻ってこない。

 打線は吉田正とT-岡田(履正社高~05年①)が戻り、杉本と紅林(駿河総合高~19年②)も復調気配。福田(NTT東日本~17年③)と宗(横浜隼人高~14年②)のレギュラー陣が元気で、序盤低迷していた打線は全体的に調子が上がってきている。

 投手とは別に若手が元気で、ルーキーの野口(関大~21年②)がスタメンを重ね、ファームでもルーキーの池田陵真(大阪桐蔭高~21年⑤)に、20歳の元謙大(中京高~20年②)と来田涼斗(明石商高~20年③)が好成績を上げ世代交代の準備が進んでいる。

 上位進出のカギは先発も含めた投手陣の強化と不振の外国人選手補強になる。若手へシフトしているなか、西野真弘(JR東日本~14年⑦)や大城滉二(立大~15年③)、後藤駿太前橋商高~10年①)等の中堅野手をトレード要員で成立できないだろうか。

 現状、投手陣の層が厚く、打線に不安があるのは西武とロッテ、広島と阪神で成立の可能性は高い。支配下選手は67名で金銭トレードでもまだ余裕はあり、投手ではケラー(阪神)やロドリゲス(日本ハム)、野手ではウィーラー(巨人)など外国人枠で出番の少ない選手は狙い目だと思う。

 ☆☆☆ 金銭  ⇔ ウィーラー(巨人)~外国人選手の補強

 ☆☆ 後藤駿太 ⇔ 薮田和樹(広島)~リリーフ投手の強化 

 ☆☆ 西野真弘 ⇔ 二保 旭(阪神)~先発・リリーフ投手の補強

 

◆ロッテ…防御率2.78③(3,67⑤)打率,219⑥(,239④)

 2年連続2位で優勝候補にも上がったが、スタートは昨年とは違いとにかく打てず、チーム打率はリーグ最下位。72盗塁は12球団最多だが、レアードとマーティン頼みだった本塁打は減少しリーグ5位。打率は低くとも四球を絡めて粘り強く得点した打線も今季は淡白さが目立ち、得点数はリーグ5位と“らしさ”が失われている。

 一方で投手陣は好調で、隔年で投手が良ければ打てない、打てば投手が打たれる等…何故かかみ合わせが良くない。ただ、交流戦は後半調子を上げ、パ・リーグで唯一勝ち越し本来の力が戻ってきた印象を受ける。

 ◆先発…佐々木朗希③ 石川 歩④ 小島和哉⑧ ロメロ 美馬 学

 ◆リリーフ…益田直也③ ゲレーロ⑧ 東條大樹 小野 郁 西野勇士

 ◆打者…高部瑛斗⑩ 中村奨吾⑭ 佐藤都志也⑲ レアード⑳ マーティン㉓

      エチェバリア 安田尚憲 岡 大海 山口航輝

 投手は佐々木朗(大船渡高~19年①)が球界を代表する投手に成長し、石川(東京ガス~13年①)と小島(早大~18年③)を中心に先発投手陣は安定してる。育成から支配下になった佐藤奨真(専大~20年育④)の新戦力に、故障で離脱していた種市篤暉(八戸工大一高~16年⑥)や岩下大輝(星稜高~14年③)が戻ればさらに安定感を増す。

 リリーフ陣は不動のクローザー益田が今季もセーブを重ね、東條(JR東日本~15年④)と小野(西日本短大高~14年楽②)、故障から復帰した西野(新湊高~08年育⑤)に新外国人ゲレーロが加わり勝ちパターンを担っている。そんななかMLB通算155セーブのオスナが加入し、投手陣はさらに厚くなった。

 一方で課題の攻撃陣はマーティンが大不振、レギュラーの荻野貴司トヨタ自動車~09年①)と藤岡裕大(トヨタ自動車~17年②)も離脱するなか、佐藤都(東洋大~19年②)や高部(国士館大~19年③)がチャンスを掴んだ。ただ、期待の安田(履正社高~17年①)や藤原恭大(大阪桐蔭高~18年①)は今年も伸び悩んでいる。

 ここ数年、効果的にトレードで補強を行っており、優勝を狙うには当然必要になる。支配下は68名で、交換要員は戦力的に充実してる先発投手や外野手、人的に余裕もある捕手になる。狙うなら右のスラッガーで、実績十分の中田翔(巨人)や若手の高濱祐仁(日本ハム)、代打で勝負強い福田永将(中日)など右打者が欲しい。中田などはある意味チームの起爆剤になるかもしれない。また、投手では不足しているリリーフ左腕は必要で、岡田俊哉(中日)や海田智行(オリックス)は狙い目だと思う。  

 ☆☆ 東妻勇輔 ⇔ 山崎 剛(楽天)~遊撃手の補強

 ☆☆ 菅野剛士 ⇔ 岡田俊哉(中日)~リリーフ左腕の補強

 ☆  国吉佑樹 ⇔ 中田 翔(巨人)~右のスラッガー獲得 

 

日本ハム … 防御率3.66⑥(3,32③)打率,237②(,231⑥)

 シーズン前より苦戦が予想され、交流戦明けは7連敗と5位ロッテからも7.5ゲーム差開き、いつの間にか最下位を独走している。新庄監督が今年1年はトライアウトというように、守備への意識の向上や若手の抜擢など評価できる部分が多々ある一方、課題も明確になっており、新庄監督待望の来季も見据えたトレードを成立させたい。

◆先発…加藤貴之⑤ 上沢直之⑬ 伊藤大海⑭

◆リリーフ…北山亘基⑥ 堀 瑞樹 吉田耀星 玉井大翔 宮西尚生 古川侑利

◆打者…松本 剛① 野村佑希③ 石井一成 清宮幸太郎 万波中正 浅間大基

      アルカンタラ 宇佐見真吾 今川優馬 近藤健介 ヌニエス

 当初は打線が課題で、計算できると投手陣が揃っていると思われていたが、チーム防御率はリーグで唯一の3点台、失点数もワースト。先発陣は上沢(専大松戸高~11年⑥)と加藤(新日鉄住金~15年②)、伊藤(苫小牧駒大~20年①)がローテーションを守っているが、新外国人のポンセとガントはともに出遅れ枚数が不足している。リリーフ陣もクローザーをルーキー北山(京産大~21年⑧)が務めているものの、勝ちパターンが決まっておらず、リリーフ左腕の強化で新外国人選手メネズを獲得している。

 心配だった打線は、序盤で近藤(横浜高~11年④)が離脱し、本当にこれで厳しくなったと思ったが、ルーキーも積極的に起用する打線は活気を帯びチーム打率はリーグ2位、本塁打は1位と格段に良くなった。松本剛(帝京高~11年②)が首位打者、野村(花咲徳栄高~18年②)も打撃の安定感が増した。アルカンタラと万波中正(横浜高~18年④)が2桁本塁打を放ち、清宮(早実高~17年①)も覚醒の気配を見せている。

 補強ポイントは多々あるが、投手力強化が優先課題で、新外国人選手を待っている余裕もなく、好調の打撃陣を交換要員に成立させたい。打線が課題のロッテや阪神、昨年複数トレードが成立した西武もありだと思う。リリーフ左腕を獲得してることから狙いは先発で、開幕投手の経験もある藤浪(阪神)や二木(ロッテ)、中継ぎもできる本田(西武)はお薦めで、藤浪は新庄監督が獲得意思を公言している。

 また、正捕手不在のなかベテラン捕手も欲しい。難しいと思うが度々トレード要員にあがる小林誠司(巨人)や故障さえ治れば田村龍弘(ロッテ)が候補になり、伊藤光(DeNA)や西田明央(ヤクルト)も控えでは勿体ない。交換要員では右投左打の似たようなタイプの多い内野手や、捕手の年齢バランスが悪く、有望な若手との捕手同士の交換トレードもありだと思う。

 ☆☆ 石井一成 ⇔ 二木康太(ロッテ)~先発投手の補強

 ☆☆ 中島卓也 ⇔ 藤浪晋太郎阪神)~   〃 

 ☆☆ 清水優心 ⇔ 小林誠司(巨人)~ベテラン捕手の補強

こういったトレードはいかがでしょう~セ・リーグ編

 今シーズンも1/3以上が終了しましたが、寂しいのは今季はまだ一つもトレードがありません。昨年はシーズン前に田口麗斗(巨人)と廣岡大志(ヤクルト)の期待の若手同士のトレードがあり、シーズン途中、ともにロッテに加入した国吉佑樹(DeNA)と加藤匠馬(中日)がウィークポイントの補強になり優勝争いに貢献した。また、あまり良い印象ではなかったものの、中田翔日本ハム)の巨人電撃移籍などインパクト十分のトレードもあった。

 今年はこのままトレードはないのだろうか…以前のようなマイナスイメージは既になく、優勝を争うチームは戦力補強、下位チームはメジャーのように主力を放出して期待の若手を獲得し翌年以降に備えるなど、まだシーズンは半分以上残っている。

 そこで今回は(久しぶりの投稿ですが…)勝手にトレードを考えてみました。結構、ワクワクするようなトレードもあって、活発なトレード成立に期待したいですね。(※☆の数はおススメ度数です)

 

◆ヤクルト…防御率2.73②(3.48③)打率,241③(,254③)

 連覇を狙うチームは交流戦で全チームにすべて勝ち越し、14勝4敗の圧倒的な成績で交流戦に優勝し、2位の巨人に7ゲームをつけている。チーム防御率はリーグ2位で、投手陣の健闘が目立つが、打線も悪くない。打率は巨人、中日と同率3位だが、本塁打と盗塁数はともに2位で、リーグ2位の得点数を誇る。失策数はリーグ最少で、投打にそつのないチームになりつつある。

◆先発…小川泰弘③ 高橋奎二 原 樹里 サイスニード 高梨裕稔

◆リリーフ…マクガフ② 今野龍太 田口麗斗 石山泰稚 木澤尚文 大西広

◆打者…村上宗隆④ 塩見泰隆⑩ 長岡秀樹㉔ 山田哲人㉕ オスナ㉖

      青木宣親 山崎晃太朗 太田賢吾 濱田太貴

 先発は小川(創価大~12年②)と高橋(龍谷大平安高~15年③)、原(東洋大~15年①)が中心になり質量ともに問題ない。交流戦で大活躍したリリーフ陣は、マクガフを抑えに、今野(岩出山高~13年楽⑨)と田口(広島新庄高~13年巨③)、清水昇(国学院大~18年①)、石山(ヤマハ~12年①)が勝ちパターンを担い、大西(大商大~19年④)に木澤(慶大~20年①)、新外国人のコールも登板機会を増やしている。

 攻撃陣は序盤でサンタナが離脱したのは痛かったが、村上(九州学院高~17年①)、塩見(JX-ENEOS~17年④)、山田(履正社高~10年①)、オスナに売り出し中の長岡(八千代松陰高~19年⑤)が規定打席をクリアしており、長岡はここ数年不在だった遊撃のレギュラーを掴みつつある。

 長岡のほかにも同じ20歳の内山壮真(星稜高~20年③)、22歳の濱田(明豊高~18年④)にも台頭の兆しが見え、サンタナの長期離脱に伴い、新外国人で昨夏の東京五輪アメリカ代表でプレーしたキブレハンも獲得し補強にそつがない。

 現状、支配下選手が68名で、ファームで育成の小澤怜史(日大三島高~ソ15年②)も救援で好投している。ここに昨年9勝の奥川恭伸(星稜高~19年①)が戻れば益々層は厚くなる。野手も俊足のルーキーの丸山和郁(明大~21年②)、代打で川端慎吾(市和歌山商高~05年③)が健在で、現状で補強を急ぐ必要はない。

 強いて言えば、出番の少ない選手のトレードはありだと思う。遊撃手のベテラン西浦直亨(法大~13年②)や、同じ内野手の吉田大成(明治安田生命~18年⑧)や松本友(BC福井~18年育②)、強肩捕手の松本直樹西濃運輸~17年⑦)は脂の乗り切った年齢で、伸び悩んでいる寺嶋成輝(履正社高~16年①)も一花咲かせたい。

    ☆☆ 寺嶋成輝 ⇔ 小郷裕哉(楽天)~若手有望選手のトレード

    ☆☆ 松本直樹 ⇔ 戸根千秋(巨人)~リリーフ左腕補強

    ☆  西浦直亨 ⇔ 福田秀平(ロッテ)~サンタナ離脱の外野手補強

 

◆巨 人…防御率3.58④(昨年3.63④)打率,241③(昨年,242⑤)

 打線の破壊力は申し分なく、チーム打率は同率3位、本塁打は1位でリーグナンバーワンの得点力を誇る。丸(千葉経大高~07年広③)とウォーカーの1~2番コンビが機能し、吉川(中京学院大~16年①)、岡本(智弁学園高~14年①)、ポランコの強力クリーンアップにチームリーダーの坂本(光星学院高~06年①)も復帰した。更に22歳の増田陸(明秀日立高~18年②)や20歳も中山礼都(中京大中京高~20年③)も成長著しく打線は問題ない。

◆先発…戸郷翔征⑦ メルセデス 菅野智之 シューメーカー 赤星優志

◆リリーフ…大勢① 今村信貴 鍬原拓也 高梨雄平 畠 世周 平内龍太

◆打者…吉川尚輝③ ウォーカー⑤ 丸 佳浩⑨ ポランコ⑲ 岡本和真㉒

      大城卓三 坂本勇人 中田 翔 

 課題はリーグワーストの失点数272点の投手陣で、整備を急がないと手遅れになる。先発は菅野(東海大~12年①)と戸郷(聖心ウルスラ高~18年⑥)、メルセデスが中心だが、あとは赤星(日大~21年③)等の若手で層が厚いとは言えない。

 先発より厳しいのがリリーフ陣で、ようやく鍵谷陽平(中大~12年日③)が復帰したが、中川晧太(東海大~15年⑦))やビエイラが不在で、ルーキーの大勢(関西国際大~21年①)が大車輪の活躍を見せているが、経験の浅い若手が多くリリーフ陣の補強は先発以上に必要だと思う。

 補強ポイントは投手で先発・リリーフ含め豊富な野手陣と成立させたい。投手力が高く攻撃力が不足しているのは、阪神オリックス、ロッテ、西武で、それぞれ二保旭(阪神)に増井浩俊オリックス)、西野勇士(ロッテ)は先発・リリーフもでき、武隈祥太や十亀剣(西武)はリリーフに厚みを持たせ、結構、増井や西野は狙い目だと思う。十亀も巨人にはいないタイプの投手でリリーフ陣に厚みを増す。

 長打力不足のオリックスならウィーラーや石川慎吾(東大阪大柏原高~11年日③)、内野手が不足しているロッテなら、若林晃弘(JX-ENEOS~17年⑥)や廣岡大志(智弁学園高~15年ヤ②)は魅力な選手で、中田翔も忘れてならない。中田は33歳でまだ控えに甘んじる年齢ではなく、中田の完全復活に期待したい。

 また、大城(NTT西日本~17年③)の故障離脱で捕手が不足しており、人的に余裕のあるDeNAや日本ハムとのトレードは成立する可能性も高い。今季は既に7名の選手を育成契約から支配下選手にし現在67名になったが、補強での巻き返しは必要だ。

 ☆☆☆中田 翔 ⇔ 増井浩俊オリックス)~先発・リリーフ投手補強

 ☆☆☆重信慎之介⇔ 清水優心(日本ハム)~大城離脱後の捕手強化

 ☆  若林晃弘 ⇔ 岡田俊哉(中日)~先発・リリーフ投手補強

 

◆広 島…防御率3.32③(3,81⑤)打率,249①(,264①)

 下馬評を覆し開幕6連勝でスタートダッシュに成功したが、そこからは一進一退の状況が続き、今年も苦手な交流戦で5勝13敗と2年連続に最下位になった。特にオリックス相手には4年勝ち星なしの12連敗を喫しており、ペナントレース交流戦が完全に鬼門になっている。

 チーム打率はリーグ1位も、とにかく長打力と機動力が不足している。本塁打26本はリーグワースト、それより驚くのは盗塁数がわずかに10しかなく、12球団ワーストで、かつて機動力を活かした野球がお家芸だったチームカラーが失われている。投手陣が改善されているなか、優勝を目指すには戦力補強が必要だ。

◆先発…床田寛樹④ 九里亜蓮⑧ 森下暢仁⑩ 大瀬良大地⑪ 遠藤淳志

◆リリーフ…栗林良史④

◆打者…西川龍馬⑥ 坂倉将吾⑧ マクブルーム⑯ 菊地涼介⑱ 小園海斗㉗

      上本崇司 曾澤 翼 堂林翔太

 投手陣と野手陣はともに主力が固定されている。先発は主力が今季もローテーションを守っているが、リリーフ陣は不安要素が多い。クローザーの栗林(トヨタ自動車~20年①)が固定されているが、栗林に繋げるまでの形が確立されていない。

 攻撃陣も西川(王子~15年⑤)と坂倉(日大三高~16年④)が好成績を残し、新外国人のマクブルームも4番を任されている。ここにベテランの上本(明大~12年③)、ルーキーの中村健人トヨタ自動車~21年③)等が打線に厚みを持たせている。

 現状、支配下は66名と余裕はある。上位を狙うなら早い段階で補強を進めたいところだ。投手陣はファームでも結果を残している選手が多く、野村祐輔(明大~11年①)や中村祐太(関東一高~13年⑤)の実績のある選手がおり、課題である長打力と機動力、栗林に繋ぐリリーフ陣を強化したい。

 長打力ではウィーラーや育成のウレーニャ(巨人)、横尾俊健や和田恋(楽天)、中谷将大(ソフトバンク)、高濱祐仁(日本ハム)は控えでは勿体ない。機動力では立岡宗一郎に重信慎之介(巨人)、神里和毅(DeNA)、小郷裕哉(楽天)は機動力不足を解消すると思う。

 リリーフは若手より経験のある選手が欲しい。十亀剣(西武)や田中靖洋(ロッテ)は経験十分で、広島にはいないタイプの選手。増井浩俊オリックス)や福山博之(楽天)、小林慶祐(阪神)はリリーフで勝ちパターンを担える実績がある。

 ☆☆ 中村祐太 ⇔ 高濱祐仁(日本ハム)~内野手三塁手)補強

 ☆☆ 薮田和樹 ⇔ 神里和毅(DeNA)~機動力を活かせる外野手補強

 ☆  安部友裕 ⇔ 十亀 剣(西武)~リリーフ投手の強化 

 

◆阪 神 … 防御率2.65①(昨年3,35②)打率,232⑥(昨年,246⑤)

 開幕から悪夢の9連敗で、早くも優勝は絶望的と思われたが、自慢の投手力で勝ち星を増やし、交流戦で12勝6敗の2位で終えると、首位から12.5ゲームながら4位に浮上した。数字的に逆転優勝は容易ではないが、オールスターまでにゲーム差を縮め、AクラスでCS進出を目指したい。

◆先発…青柳晃洋① 西 勇輝② ウィルカーソン ガンケル 伊藤将司

◆リリーフ…岩崎 優④ 湯浅京己 アルカンタラ 渡邊雄大 岩貞祐太

◆打者…近本光司⑦ 佐藤輝明⑫ 中野拓夢⑮ 大山悠輔⑳ 糸原健斗㉓

      糸井嘉男 梅野隆太郎

 復調の原動力になったのが投手陣で、特に青柳(帝京大~15年⑤)は開幕には間に合わなかったものの、防御率0点台で7勝と圧巻の成績を残し、交流戦パ・リーグ相手に自責点ゼロの快投を見せた。西勇(菰野高~08年オ③)も青柳に次ぐ防御率2位で、さすがに開幕時のような大きな連敗はないだろう。

 リリーフ陣はスアレスの移籍を経験豊富な岩崎(国士館大~13年⑥)が埋め、湯浅(BC富山~18年⑥)やソフトバンクから移籍の渡邊雄大(BC新潟~17年ソ育⑥)の新戦力が台頭し、アルカンタラを含めた新たな勝ちパターンが出来た。

 課題の打線はチーム打率こそリーグ最下位だが、本塁打はリーグ3位、盗塁数は今季もリーグ1位で得点数はリーグ4位で悪くない。課題だった失策数も改善を見せ、今季は投手陣を中心に粘り強く得点をもぎ取り、守りの野球がフィットする気がする。

 ただ、実績のある近本(大阪ガス~18年①)に大山(白鷗大~16年①)も復調気配で、佐藤輝(近大~20年①)と中野(三菱自動車岡崎~20年⑥)は2年目のジンクスを感じさせない働きを見せており、梅野(福岡大~13年④)やマルテの主力が戻れば打線も上向きになるだろう。

 現在、支配下選手は68名で、補強ポイントはやはり攻撃陣になる。二遊間を守れる内野手と近本以外のレギュラー不在の外野手になる。投手力にゆとりがあるので、打高投低のDeNAや巨人、日本ハムとのトレードは成立する可能性が高い。

 また、一方で若手がファームで成長を見せており、ここは思い切って藤浪晋太郎大阪桐蔭高~12年①)や高山俊(明大~15年①)、江越大賀(駒大~15年③)など、今ひとつ伸び悩んでいる中堅選手を放出して、優勝を狙うために他球団のベテランの主力や有望な若手選手を狙うのもの面白いと思う。

 ☆☆☆藤浪晋太郎⇔ 浅間大基(日本ハム)~外野のレギュラー候補補強

 ☆☆ 二保 旭 ⇔ 中島卓也日本ハム)~二遊間の内野手補強

 ☆  江越大賀 ⇔ 吉田大成(ヤクルト)~    〃

 

◆DeNA … 防御率3.75⑥(3,76③)打率,250①(,266①)

 今季も開幕よりベストメンバーが揃わず、波に乗り切れない状況が続いている。交流戦は5割をキープしたものの、阪神に抜かれゲーム差なしの5位で再開を迎える。

 今季はチーム防御率がリーグ最下位、反面打率は1位と打高投低の数字になっているが、得点能力はリーグ5位で低い。チーム本塁打と盗塁数はともに4位で、打つには打つが長打力も機動力も中途半端な状況で、数字以上に打線の怖さがない。

◆先発…大貫晋一⑤ ロメロ 上茶谷大河

◆リリーフ…山﨑康晃⑥ 伊勢大夢 エスコバー 田中健二朗

◆打者…佐野恵太① 牧 秀悟② ソト⑰

      桑原将志 宮崎敏郎 大和 関根大気 楠本泰史 柴田竜拓 嶺井博希

 投手陣は今永昇太(駒大~15年①)がノーヒットノーランを達成するなど本格的に復調してきたが、現状計算できるローテーション投手は大貫(新日鉄住金鹿島~18年③)くらいで、質量ともに不足している。

 ただ、この状況はここ数年変わらず、リリーフ陣に負担がかかり、山崎康(亜大~14年①)やエスコバーは鉄腕の領域だが、故障明けの田中健常葉菊川高~07年①)や今季抜群の安定感を見せている伊勢(明大~19年③)の登板過多は心配だ。

 攻撃陣は3割打者がズラリと揃い、佐野(明大~16年⑨)は首位打者、2年目の牧(中大~20年②)はもはやチームの顔で、最も三冠王に近い選手に成長した。出遅れていた宮崎(セガサミー~12年⑥)や桑原(福知山成美高~11年④)も戦列に復帰し、関根(東邦高~13年⑤)や蝦名達夫(青森大~19年⑥)がレギュラー候補に名乗りを上げた。ただ、オースティンが故障でまだ合流できず、長距離砲獲得は急務だと思う。

 支配下登録選手は66名と複数トレードができるほどまだ余裕がある。残念ながら育成契約選手で支配下に届きそうな選手もおらず、早急な対応が必要だと思う。狙うのはやはり先発投手で、今永も復調してきたのでもう一枚欲しい。野手は急ぐ必要はないが、外国人選手の補強などはあっても良いと思う。育成のウレーニャ(巨人)は金銭トレードで結構狙い目だと思う。

 人数的にも野手が豊富で、捕手の困っているチームなら伊藤光明徳義塾高~07年オ③)、ここ最近は守備要員で出番の少ない神里和毅(日本生命~17年②)は他球団から需要のある選手。若手では伸び悩んでいる細川成也(明秀日立高~16年⑤)はパ・リーグにはフィットしそうな気がする。

 ☆☆☆伊藤 光 ⇔ 井口和朋(日本ハム)~リリーフ投手の補強

 ☆☆ 神里和毅 ⇔ 中村祐太(広島)~先発投手の補強

 ☆  細川成也 ⇔ 土肥星也(ロッテ)~若手有望選手のトレード

 

◆中 日…防御率3.68⑤(3,22①)打率,241③(,237⑥)

 昨年は投高打低で、大きな補強もなく貧打が心配されるなか迎えたシーズン。序盤は何とか上位に喰らいついていたが、交流戦を借金4で終え最下位に沈んでいる。打率だけ見ると改善したように見えるが、得点はリーグ最下位で貧打線は相変わらず。一方、昨年鉄壁を誇った投手陣に綻びが見え、今季は投打に課題が多い。

◆先発…大野雄大⑥ 柳 裕也⑨ 松葉貴大 小笠原慎之介

◆リリーフ…Rマルティネス③ ロドリゲス 清水達也 山本拓実 藤嶋健人 田島慎二

    祖父江大輔

◆打者…阿部寿樹⑪ 木下拓哉⑬ ビシエド⑭ 岡林勇希㉑

      大島洋平 鵜飼航丞 石川昂弥 Aマルティネス 高橋周平 

 投手陣は今季も大野雄(佛教大~10年①)と柳(明大~16年①)が二本柱で、2年目の高橋宏斗(中京大中京高~20年①)も先発ローテーションを担っているが、質量ともに十分とは言えない。そんななか、育成の上田洸太朗(享栄高~20年育②)を支配下にし、新外国人でタバーレスを獲得するなど、補強ポイントは外していない。

 リリーフ陣は又吉(ソフトバンク)のFA移籍で、戦力ダウンが心配されたが、Rマルティネスがクローザーを務め、祖父江(トヨタ自動車~13年⑤)や清水(花咲徳栄高~17年④)が好投し、勝ちパターンは形成できている。ここに実績のある福敬登(JR九州~15年④)が復調すればリリーフ陣に大きな心配はない。

 攻撃陣も決して良くないなか、ビシエドと木下拓(トヨタ自動車~15年③)が安定した力を見せ、阿部(ホンダ~15年⑤)が復調し、大島(日本生命~09年⑤)も復帰した。若手では3年目の岡林(菰野高~19年⑤)が規定打席をクリアし、故障で離脱中だが石川昂(東邦高~19年①)やルーキーの鵜飼航丞(駒大~21年②)が健闘している。

 ただ、正遊撃手の京田(日大~16年②)の強制送還や、投手転向が決まった根尾昂(大阪桐蔭高~18年①)の迷走する起用法など、どことなく悲観的な印象を受ける。チーム全体、ネガティブなイメージが定着したような気がしてならない。

 補強ポイントは2通りあり、まずは課題の補強で今季の上位進出を狙う形で、先発投手と京田が不在の遊撃手、そして長打力のある選手(左打ならベスト)が必要になる。

 もう一つは今季は育成と位置づけ、煮え切らない主力や中堅選手を敢えて放出し、他球団の有望な若手を獲得する方法だ。投手なら岡田俊哉智弁和歌山高~09年①)や福谷浩司(慶大~12年①)、田島慎二東海学園大~11年③)、野手は候補が少ないが思い切って高橋周を候補にしても良く、個人的には後者のほうが期待が持てると思う。

 ☆☆☆田島慎二 ⇔ 山崎 剛(楽天)~内野のレギュラー候補獲得

 ☆☆ 岡田俊哉 ⇔ 平沢大河(ロッテ)~    〃

 ☆  高橋周平 ⇔ 高橋純平&川瀬 晃(ソフトバンク)~有望な若手選手補強 

22年☆順位予想~いずれも混戦で、セ・リーグは阪神、パ・リーグはロッテを優勝予想

 いよいよ25日から待ちに待ったプロ野球が開幕します。今年はオフ期間が短かったはずですが、やはりファンとしては長く感じてしまいます。

 そこで僭越ながら、順位予想をしてみたいと思います。開幕スタメンも予想してみました。併せてご覧ください。(※は新加入選手)

 

セ・リーグは昨年以上に混戦か?DeNAが台風の目になる予感

 セ・リーグは消去法で決めました。優勝はヤクルトと阪神が本命で、巨人が対抗、DeNAが大穴という予想にした。

 消去法でいくと広島と中日の優勝は厳しく、広島は鈴木誠移籍、中日は今季は育成主体のシーズンで、優勝を狙うのは来期以降になのかな…と思い、投手力が中日のほうが上で5位にしました。

 4位は巨人で、オープン戦の結果はあまり気にしていないのですが、さすがに内容が悪すぎて、Bクラス予想にした。DeNAは打線はセ・リーグナンバーワンで、打ち勝つ野球が出来れば一気に優勝もある。

 結果、ヤクルトと阪神が優勝争いの軸になり、先発陣の厚みで阪神のほうが上で優勝と予想した。ただ、セ・リーグは混戦で、広島ファンには申し訳ないが、5位予想の中日までは優勝の可能性があると思う。

1位~阪神タイガース

 ヤクルトと迷ったが、昨年最多の勝ち星を上げた地力を評価して優勝予想した。心配なのは、野球以外で矢野監督の退任など余計な雑音がマイナスにならないとよいが…。

 青柳がコロナで開幕投手を外れたが先発の層は厚く、西勇や秋山をはじめ計算できる投手がおり心配ない。課題はスアレスに代わるクローザーで、新外国人選手ケラーなど複数の候補から早めに確立したい。

 野手陣の課題は下位打線と守備力で、昨年と主力メンバーが大きく変わっていないので、無駄な失策をどこまで防げるかがポイントになる。ポジションは左翼が決まらず、糸井とロハス・ジュニアの併用になりそうだ。

【開幕スタメン予想】 

 1)近本⑧ 2)中野⑥ 3)マルテ③ 4)佐藤輝⑨ 5)大山⑤ 6)糸井⑦

 7)糸原④ 8)梅野② 9)藤浪① 

 先発)藤浪 桐敷(西勇 秋山 伊藤 ガンケル)

 リリーフ)岩崎 浜地 ※ケラー 斎藤 湯浅 小川 石井 ※渡邊 小野 

 控え)坂本 長坂 山本 木浪 熊谷 小幡 ロハス・ジュニア 江越 小野寺  

2位~東京ヤクルトスワローズ

 阪神とは先発陣の差で2位予想した。今季は追われる立場になることになり、昨年のような戦い方ができるかが課題だと思うが、連覇する力は十分に備えている。

 先発陣の枚数は多いが、連覇に必要なのは一年通して計算できる投手で、奥川と高橋が昨季の後半のような活躍ができれば連覇も現実味を増す。リリーフ陣はクローザーが課題で、ここも石山やマクガフが安定感を増せば盤石の投手陣になる。

 打線は阪神よりも上で、大きく崩れることはないが、ブレイク翌年の塩見、ともに2年目を迎えるサンタナとオスナの出来が打線を左右する。また、課題だった正遊撃手争いが白熱することなくシーズンを迎え、上乗せが乏しいのが気がかりだ。 

【開幕スタメン予想】  

 1)塩見⑧ 2)青木⑦ 3)山田④ 4)村上⑤ 5)サンタナ⑨ 

 6)オスナ③ 7)西浦⑥ 8)古賀② 9)小川① 

 先発)小川(奥川 高梨 石川 高橋 サイスニード)

 リリーフ)石山 清水 木澤 坂本 田口 マクガフ 梅野 大西 大下

 控え)松本 内山 奥村 川端 荒木 長岡 ※丸山 渡邊 濱田

3位~横浜DeNAベイスターズ

 今季のセ・リーグの台風の目になりそうなのがDeNAで、昨年のヤクルトのように最下位からの優勝も期待できruる。先ず昨年大失敗したスタートがポイントになる。

 今季は東が開幕投手を務めるが、今永や濵口など、ここ数年主力が揃ったシーズンがない。若手の突き上げも乏しく、結局は大貫やロメロに期待するしかないのは寂しい。クローザーに山﨑が復帰すれば、チームに勢いをもたらし閉塞感も打破できると思う。

 リーグナンバーワンの打線は今季も健在で、オースティンとソトが合流すればさらに破壊力を増す。またポジション争いもし烈で、特に外野は打撃の良い楠本、機動力を使える神里、堅守の大田などハイレベルな競争がチームの底上げに繋がる。

【開幕スタメン予想】

 1)桑原⑧ 2)柴田⑥ 3)佐野⑦ 4)牧④ 5)宮崎⑤ 6)楠本⑨

 7)知野③ 8)戸柱② 9)東① 

 先発)東 大貫 上茶谷(石田 濵口 ロメロ)

 リリーフ)伊勢 三嶋 山崎 入江 ※三浦 田中健 砂田 エスコバー 

 控え)伊藤 嶺井 山本 倉本 大和 ※大田 神里 細川 関根  

4位~読売ジャイアンツ

 優勝を狙える力が十分にあるが、投手陣の層の薄さと一番打者不在で優勝は厳しいと予想。また、開幕前に攻守の要である坂本が離脱し、さらに厳しさを増してしまった。

 菅野が万全なら問題ないが、先発陣で計算できる投手がいない。ルーキーの赤星、山崎伊や堀田も一軍での登板はなく、期待はあるが計算はできない。リリーフも中川が出遅れており、先発、リリーフともに陣容が確立するのに時間を要する。

 松原が不振で、梶谷も間に合わず、坂本も離脱で一・二番が決まらない。また、開幕スタメン予想でも長打力はあるが、細かい攻めができる選手がおらず、一発頼みの大味な打線にならないか心配だ。新外国人選手が活躍すればその心配も吹き飛ぶが…。

【開幕スタメン予想】

 1)吉川④ 2)丸⑧ 3)※ポランコ⑨ 4)岡本⑤ 5)中田③ 

 6)ウィーラー⑦ 7)若林⑥ 8)小林② 9)菅野① 

 先発)菅野 山崎伊 戸郷 ※赤星 髙橋(メルセデス

 リリーフ)デラロサ ※大勢 今村 畠 鍬原 高梨 直江 戸田  

 控え)大城 山瀬 湯浅 増田 中島 廣岡 松原 立岡 ※ウォーカー 

5位~中日ドラゴンズ

 今季、補強らしい補強がなく現有戦力の底上げで臨むが、課題の打線が改善したとは言えずBクラス予想だが、投手力は高いので、打線次第では優勝の可能性もある。

 大野雄と柳の左右の大黒柱に、オープン戦で好投した20歳の高橋宏も加わり、さらに先発の層は厚くなった。リリーフは又吉の穴を想定通りに岩嵜が埋め、マイナス要素は見当たらないが、祖父江の出遅れは気がかりだ。ここは藤嶋や清水に期待したい。

 課題の攻撃陣は、若手の底上げがポイントになる。岡林は機動力、石川や鵜飼には長打力が期待され、特に石川は立浪監督が高橋周を二塁にコンバートして、我慢強く起用することを明言しており期待に応えたい。高橋周と阿部の復調もポイントになる。

【開幕スタメン予想】

 1)岡林⑨ 2)京田⑥ 3)大島⑧ 4)ビシエド③ 5)木下② 6)阿部④

 7)石川⑤ 8)根尾⑦ 9)大野雄①

 先発)大野雄 柳 勝野(小笠原 高橋宏 松葉)

 リリーフ)田島 ※岩嵜 ロドリゲス 福 清水 藤嶋 山本 Rマルティネス

 控え)山下 桂 高松 石垣 溝脇 堂上 ※鵜飼 平田 福留 加藤翔

6位~広島東洋カープ

 メジャー移籍した鈴木誠の穴を埋めることは容易ではないが、残念ながらこの課題に対し前進を感じられず、活きの良い若手は多いが最下位予想にした。

 課題の投手陣は、先発陣は大瀬良をはじめ計算できるが、5~6枚目が弱い。リリーフもルーキーの黒原と松本が加わり、中崎が復調気配なのは好材料だが、大きな上積みとは言えず、栗林までどう繋いでいくかがポイントになる。

 結局、鈴木誠移籍後の4番候補が松山ではさすがに寂しく、いくら社会人ルーキーとは言え末包に期待するのも酷だ。小園が好調で、坂倉が間に合ったのは良かったが、反面、期待の宇草の調子が上がらず、外野は西川を除いて流動的な起用になりそうだ。

【開幕スタメン予想】

 1)西川⑧ 2)菊池④ 3)小園⑥ 4)松山③ 5)坂倉⑤ 6)曾澤②

 7)※末包⑨ 8)宇草⑦ 9)大瀬良① 

 先発)大瀬良 森下(九里 床田 遠藤 玉村)

 リリーフ)栗林 中崎 ※黒原 塹江 矢崎 島内 松本 コルニエル 

 控え)中村奨 磯村 上本 田中広 堂林 長野 野間 ※中村健 大盛

 

パ・リーグは、本命ソフトバンク、対抗にロッテ、楽天オリックス、大穴が西武

 同じ混戦だが、セ・リーグとは逆に、優勝の可能性の高いチームから予想した。2年連続2位のロッテは、大きな戦力ダウンがなく、直ぐにでも孵化しそうな若手選手が多数控え、2~3人覚醒すれば優勝に一番近いと予想した。

 2位は当初、ソフトバンクだったが先発陣に離脱が相次ぎ、楽天を2位に上げた。主力と控えの差はあるが、地力はあり大崩れすることはないだろう。オリックスが3位で、ヤクルト同様、今季は追われる立場になり、昨年のような戦い方ができるか課題になる。そしてソフトバンクは4位で、キャンプで色々期待の選手が出てきたが、結局はいつものメンバーに落ち着いてしまった。

 5位予想の西武は不気味で、山川が復調し打線が引っ張られるようになれば、連覇したときのような打ち勝つ野球で優勝も狙える。最下位は日本ハムで、やはり戦力的に上位に食い込むには打線が弱い。  

1位~千葉ロッテマリーンズ

 突出した選手はいないが、総合力で2年連続2位になった地力と巧さがある。今季のカギを握るのは佐々木朗で年間でローテを守り、若手野手が覚醒すれば独走もある。

 佐々木朗をはじめ、石川に小島と2桁勝利を狙う投手がおり、出遅れている岩下や夏ごろには種市も戻る予定で先発の層は厚くなった。佐々木千と唐川が出遅れ、国吉の不振でリリーフ陣が心配だが、鈴木や西野、ゲレーロで7~8回を担い益田に繋ぎたい。

 荻野が開幕に間に合わないが、オープン戦首位打者の高部が出塁し、両外国人が走者を還し、次の塁を狙う高い走塁技術で得点能力が維持できる。ポイントは若手の覚醒で、藤原や平沢は打率3割、安田や山口、佐藤都は2桁本塁打が条件になる。

【開幕スタメン予想】

 1)高部⑦ 2)藤原⑧ 3)中村奨④ 4)マーティンDH 5)レアード③ 

 6)岡⑨ 7)平沢⑤ 8)※松川② 9)藤岡⑥ 

 先発)石川 小島 佐々木朗(美馬 二木 ロメロ)

 リリーフ)東條 西野 ※廣畑 鈴木 小野 ※ゲレーロ 益田 国吉

 控え)佐藤都 柿沼 三木 福田光 エチェバリア 小川 山口 和田 

2位~東北楽天ゴールデンイーグルス

 昨季、借金生活は一度もなく地力はある。むしろ、主力の年齢的にも今年優勝しなければ後が厳しくなる。投打に補強はしたが、若手など固有戦力の上積みが不足気味。

 投手陣は主力は良いが層が薄い。昨年4勝の田中将の上積みは期待できるが、結果6枚目の先発が決まっていない。リリーフ陣も勝ちパターンは確立できているが、長いシーズンを勝ち抜くには、もう2~3人は主力に喰い込みたい。

 野手は西川の加入で課題の一番打者と機動力は補えそうだが、オープン戦終盤に小深田が中堅を守るなど、外野守備力は懸念材料だ。また、新外国人が開幕に間に合わず、右打者不足も相変わらずで、左打者が多い打線はバランスが悪く、ここが課題になる。

【開幕スタメン予想】

 1)※西川⑧ 2)山崎⑥ 3)浅村DH 4)島内⑦ 5)茂木⑤ 6)鈴木大③

 7)和田⑨ 8)※安田② 9)小深田④

 先発)則本 岸 弓削 瀧中(田中将 早川)  

 リリーフ)松井 安楽 小峯 ブセニッツ 藤平 ※西垣 西口 渡邊佑

 控え)炭谷 堀内 ※川島 銀次 渡邊佳 田中和 小郷  

3位~オリックスバファローズ

 発展途上のチームで、連覇を狙える地力はある。ただ、今季はマークも当然厳しくなり、昨年のような戦い方ができるか…Aクラスは維持も連覇は厳しいと予想した。

 先発陣は12球団一で、山本と宮城、山岡と田嶋は故障さえなければ2桁勝利は確実と言え、山崎颯も今季のブレイクが期待できる。反面、リリーフ陣は枚数は多いが層はもう一歩…昨年のようにヒギンス(退団)から平野へどう繋いでいくか課題になる。

 2番に宗とラベロのどちらを起用するかポイントになるが、上位打線は問題はなく、課題は見劣りする下位打線になる。また、機動力なら福田、長打力では吉田正と杉本頼みで、一昨年のようにヒットは打つが点数が獲れない打線にならないようにしたい。

【開幕スタメン予想】 

 1)福田⑧ 2)ラベロDH 3)吉田正⑦ 4)杉本⑨ 5)宗⑤ 6)紅林⑥

 7)安達④ 8)伏見② 9)山足③

 先発)山本 宮城 山岡 山崎颯(山崎福 田嶋) 

 リリーフ)平野 村西 比嘉 本田 黒木 ※小木田 山田 ※ビドル  

 控え)若月 頓宮 太田 宜保 ※渡部 後藤 佐野 

4位~福岡ソフトバンクホークス

 ここに来て故障離脱と世代交代の遅れが解消されず、選手層の厚さにも翳りが見えてきた。優勝候補本命ではあるが、先発投手陣に不安がありBクラス予想とした。

 先発で計算できるのが千賀と石川だけで、当確と言われた田中正と松本が離脱し、一気に2枚不足で、外国人投手の合流が待ち遠しい。リリーフ陣も森が万全とは言えず、モイネロと又吉に続く選手に期待したいが、今季もケガ人が多いのが気がかりだ。

 野手は結局、柳田と栗原、甲斐の不動のレギュラーにグラシアル、中村といつものメンバーに落ち着いた。ガルビスが間に合ったのは大きいが、二遊間と中堅のセンターラインが流動的になりそうなのがアキレス腱で、甲斐に次ぐ二番手捕手もアピール不足。

【開幕スタメン予想】 

 1)※ガルビス⑥ 2)牧原⑧ 3)柳田⑨ 4)グラシアルDH 5)栗原⑦ 

 6)中村③ 7)リチャード⑤ 8)甲斐② 9)三森④ 

 先発)千賀 東浜 杉山(石川 大関 笠谷)

 リリーフ)津森 又吉 椎野 モイネロ 森 尾形 ※藤井 田浦 嘉弥真  

 控え)海野 高田 松田 今宮 野村大 ※野村勇 佐藤 上林

5位~埼玉西武ライオンズ

 昨季、最下位ながら台風の目になりそうなのが西武。ただ、今季も打高投低で優勝を狙うには打線がポイントになる。また、外国人選手が目立たないのも気になる。

 投手陣はルーキーの隅田と佐藤が開幕ローテに入りそうだが、期待はして良いがが計算はできない。渡邊も実質的には2年目のシーズンで、過度な期待は禁物と言える。リリーフ陣は平良が間に合いそうだが、万全とは言えず、増田の復活がカギを握る。

 オープン戦は鈴木が好調で、課題の一番打者に目途がついた。今季も中村と栗山が健在だが、そろそろ尻に火をつける若手の出現に期待したい。開幕スタメン予想以外でも呉念庭や岸が控えており、攻撃陣の層は依然として厚く、打ち勝つ野球で上位を狙う。

【開幕スタメン予想】 

 1)鈴木⑧ 2)源田⑥ 3)森② 4)山川③ 5)栗山DH 6)外崎④

 7)中村⑤ 8)※オグレディ⑦ 9)愛斗⑨

 先発)高橋 渡邊 ※隅田(今井 松本 ※佐藤)

 リリーフ)増田 宮川 十亀 平井 佐々木 與座 大曲 水上

 控え)柘植 牧野 山野辺 呉念庭 山田 金子 岸 高木 

6位~北海道日本ハムファイターズ

 オフの話題は独占したが、印象に残った選手は誰だろう…と思ってしまう。西川や大田移籍で戦力ダウンは否めず、楽しみなチームではあるが優勝の芽は見えない。

 開幕投手はルーキー北山で、クローザーの杉浦が間に合い先発に回ったのか…編成が読めない、先発は上沢と加藤は実績があり、伊藤や河野もいる。リリーフも堀と宮西、ロドリゲス等々投手陣はしっかりしており、変な小細工は必要ないと思うが…。

 野手も読めない。守備力強化の割にはポジションも最後まで流動的…オープン戦最初に見せた超スモールベースボールでもない…どんな野球を目指すのか、公式戦でキャンプでの仕掛けの成果を見てみたい。日替打線でマジックを起こせるか期待は膨らむ。

【開幕スタメン予想】 

 1)※アルカンタラ④ 2)※水野⑥ 3)浅間⑧ 4)近藤DH 5)万波⑨ 

 6)※ヌニエス③ 7)佐藤⑤ 8)今川⑦ 9)清水②

 先発)※北山 加藤 伊藤 根本(上沢 河野)

 リリーフ)杉浦 宮西 井口 堀 西村 池田 ※長谷川 望月 ※古川侑 

 控え)宇佐見 郡 清宮 渡邊 石井 王伯融 松本 

 

 やはり開幕前は予想するだけで、ワクワクしますね。選手の皆さまにはケガなくシーズンを乗り切り、今年は満員のスタジアムで観戦したいですね。

22年戦力展望☆ヤクルト~充実した先発陣に、隙なく1点を奪う打線で連覇を目指す

 史上初、両リーグとも前年最下位チームが優勝したが、オリックスを上位に予想した声はあったものの、ヤクルトをAクラス予想していたのはファン以外は記憶にない。開幕前はノーマーク、それ以上にシーズン後半、阪神と巨人の三つ巴になったが、真っ先に脱落すると思われていたなか、見事「全員野球」でペナントを勝ち取った。

 最初から良かった訳ではない。開幕時はコロナ陽性で主力を欠くなか、開幕は阪神にいきなり3連敗…予想通りと言えばそれまでのスタートになった。しかし粘り強く4月上旬に勝率5割に戻すと、交流戦も勝ち越し前半戦を3位で終えた。

 そして勝負の後半戦。阪神との首位攻防戦前に高津監督が発した「絶対大丈夫」を合言葉に勝ち越した。そして分岐点になったは9月13日の中日戦で、審判の判定ミスもあり惜敗すると、そこからチームは一致団結。翌日から日替わりヒーローが生まれる展開で、13戦負けなしの9連勝で抜け出すと、10月26日に戦前の予想を覆し高津監督が宙に舞った。優勝争いの終盤、観ていてもベンチの雰囲気が良く、まさしくチーム一丸で勝ち取ったペナントだった。 

 日本シリーズでも、大方の予想はオリックス優位で、ヤクルト優勝を予想していたのは谷繁氏くらいしか記憶がない。初戦に嫌なサヨナラ負けを喫したが、2戦目の高橋奎二(龍谷大平安高~15年③)が完封勝利で流れを呼び戻すと、6戦中5戦が1点差ゲームの歴史的大接戦を制し、20年振りの日本一に輝いた。

 野村ID野球の元でプレーをし、メジャーや独立リーグなど様々な経験を積むなかで、高津監督が目指した「次の1点を奪い、1点を防ぐ」野球が結実した日本一だった。

【過去5年のチーム成績】

    順位   勝敗    打率 本塁打  盗塁   得点 防御率 失点 

 21年 1位 73勝52敗18分 .254  142本   70個  625点  3.48  531点

 20年 6位 41勝69敗10分    .242     114本  74個  468点  4.61  589点

 19年 6位 59勝82敗  2分 .244  167本   62個  656点  4.78  739点

 18年 2位 75勝66敗  2分 .266  135本   68個  658点  4.13  665点

 17年 6位 45勝96敗  2分 .234    95本   50個  473点  4.21  653点  

【過去5年のドラフトの主戦力】

 20年~元山飛優(内野手東北福祉大④)

 19年~奥川恭伸(投手~星稜高①)

 18年~清水 昇(投手~国学院大①)

 17年~村上宗隆(内野手九州学院高①)塩見泰隆(外野手~JX-ENEOS④)

 16年~梅野雄吾(投手・九産大九州高③) 

 実は昨年までは、過去5年のドラフトはお世辞にも成功と言えず、投手では梅野と清水、野手では村上しか主力と呼べる選手はいなかった。(※ただ、村上1人でも大成功と言えるが…)

 しかし昨季は、奥川が中10日のゆとりローテでも、チーム最多タイの9勝を上げ、日本シリーズでも初戦に先発して山本由伸(オリックス)と投げ合うなど、若きエース誕生を予感させるシーズンになった。野手でもポテンシャルが高く、毎年期待の選手で名前の挙がっていた塩見が結果を残し、ルーキー元山も西浦直亨(法大~13年②)と正遊撃手を争った。

 さらに大西広樹(大商大~19年④)や坂本光士郎(新日鉄住金広畑~18年④)、大下佑馬(三菱重工広島~17年②)が、昨季リリーフでそれぞれキャリアハイの成績を残した。ファームでも長岡秀樹(八千代松陰高~19年⑤)は打率3位、武岡龍世(八戸学院光星高~19年⑥)は打率4位の好成績を残し、着実にチームの土台が出来つつある。

●投手陣~奥川と高橋がさらに一皮むければ先発陣は充実、クローザー争いにも注目

  昨年は開幕投手の小川泰弘(創価大~12年②)と、開幕直前にトレードで加入した田口麗斗(広島新庄高~13年巨③)が前半戦を支え、後半戦は奥川と高橋が左右のWエースと呼ばれても遜色ない活躍を見せた。

 日本シリーズの6戦すべて違う先発投手だったように、小川以外は登板間隔を空けたゆとりローテで、ベテランの石川雅規青学大~01年自)をはじめ、スアレス(退団)とサイスニード、高梨裕稔(山梨学院大~13年日④)が10試合以上に先発し、ともに防御率2点台の原樹里(東洋大~15年①)と金久保優斗(東海大市原望洋高~17年⑤)も加えた10投手でローテーションを回した。

 リリーフ陣は、当初クローザーを務めていた石山泰稚ヤマハ~12年①)が不振に陥ると、マクガフが代役を務め66試合で31セーブ、14ホールドと大車輪の活躍を見せた。そのマクガフに繋ぐゼットアッパー清水は、シーズン半分の72試合に登板し、日本新記録となる50ホールドを上げ、球界を代表するセットアッパーに成長した。

 清水からマクガフに繋ぐ形が出来ると、石山も徐々に復調し、後半からは田口がリリーフに加わった。今野龍太(岩出山高~13年楽⑨)は、役割が固定されないなか何度もピンチの場面を救い、64試合登板で被本塁打1は特筆もので、今野と大西、梅野は防御率2点台の好成績を上げた。

 結果、4点台のチーム防御率がリーグ3位の3.38まで改善し、これまでの「打高投低」から抜け出し、日本シリーズでも見せた守り勝つ野球が出来るようになった。

【21年シーズン結果】☆は規定投球回数クリア ※は新加入選手

 ・先発…小川泰弘(128回1/3)奥川恭伸(105回)田口麗斗(100回2/3)

       石川雅規(82回)高橋奎二(78回1/3)スアレス(77回)

       サイスニード(68回2/3)高梨裕稔(62回)

 ・救援…清水 昇(72試合)マクガフ (66試合)今野龍太(64試合)

       石山泰稚(58試合)坂本光士郎(36試合)大西広樹(33試合)

       大下佑馬(30試合)

【今年度の予想】

 ・先発…奥川恭伸 高梨裕稔 石川雅規 小川泰弘 高橋奎二 サイスニード

     ※山下 輝 原 樹里 木澤尚文 金久保優斗 ※スアレス ※コール

 ・中継…清水 昇 坂本光士郎 田口麗斗 大西広樹 今野龍太

       星 知弥 吉田大喜 梅野雄吾 ※柴田大地 大下佑馬

 ・抑え…石山泰稚 マクガフ

 先発は2年連続で開幕投手務める小川、成長著しい奥川と高橋を軸にして、あとは昨年のように登板間隔を空けての起用になるだろう。日本シリーズでも好投した原と高梨、後半戦だけで5勝を上げたサイスニードが控え、金久保もローテーションに入ってくる。

 また、大ベテラン42歳の石川は、昨年は史上初の大卒投手20年連続勝利を上げ、これまた史上3人目の大卒投手3000回登板(通算でも28人目)まで残り47イニングまで迫っている。

 新加入ではルーキー山下輝(法大~21年①)は最速152キロの本格派左腕で、開幕は二軍スタートになるが、満を持しての一軍デビューを待ちたい。新外国人のスアレスは、昨年韓国リーグで10勝を上げ、メジャーでも1年間ローテーション投手を務めた技巧派左腕。コールもメジャー通算109試合登板の実力派で、多彩な変化球を操り、ともに先発の層をさらに厚くした。

 リリーフはクローザーを誰にするかで、石山とマクガフのどちらになると思うが、ともに安定感が増せば、セットアッパーの清水を挟み、盤石の勝ちパターンを形成できる。右で今野と大西、大下がおり、左は田口、坂本と左右のバランスも悪くない。

 また、梅野や星知弥(明大~16年②)は勝ちパターンに喰い込む投球を見せたいし、ルーキーの柴田大地(日本通運~21年③)は、最速156キロの直球で奪三振率が高く、先発同様に投手陣の底上げが進んでいる。

●野手陣~「繋がり」もあり、「一発長打」もある隙なく1点を獲れる打線

 昨年はチーム打率リーグ3位、本塁打と盗塁は2位、そして626得点は12球団ナンバーワンで、唯一600点を超えた。村上が最多本塁打のタイトルを獲得した以外、タイトルホルダーも3割打者もいないが、四球数はリーグで唯一500を超え、出塁率 .333は12球団トップの数字になる。

 昨年は打順が固定され、1番の塩見は、打率は.278ながら出塁率は.357、得点圏打率は.325とチャンスメーカーとポイントゲッター両方の役割を果たした。2番の青木宣親早大~03年④)は勝負強いバッティングを見せ、そして3番・山田哲人履正社高~10年①)と4番の村上は30本塁打、100打点以上をともに記録し、5番オスナと続く打線がハマった。下位打線でも6番の中村悠平福井商高~08年③)はチームナンバーワンの打率を残し、7番サンタナ規定打席未満ながら打率.290、19本塁打、62打点と繋がりがある一方で、一発長打もある打線が機能した。

 また脇役の活躍も素晴らしく、特に代打の切り札の川端慎吾(市和歌山商高~05年③)は、打率.372、得点圏打率は脅威の4割超えで、日本シリーズ第6戦で日本一を決める決勝打を打ったのは記憶に新しい。

 荒木貴裕(近大~09年③)は内野ならどこでも守れるユーティリティプレーヤーとしてキャリアハイの100試合に出場し、渡邊大樹(専大松戸高~15年⑥)も外野の守備固めと代走でチームに欠かせない選手となった。宮本丈(奈良学園大~17年⑥)も守備固めで内外野を守り、代走や代打でも少ないチャンスを活かし一軍に定着、23歳の古賀優大(明徳義塾高~16年⑤)が、中村に続く第二の捕手のポジションを獲得した。

 ファームでは太田賢吾(川越工高~14年日⑧)が首位打者奥村展征日大山形高~13年巨④)、長岡、武岡と1位から4位までヤクルト勢が独占した。また、並木秀尊(独協大~20年⑤)はイースタン2位の20盗塁を記録し、一軍でも4盗塁(失敗ゼロ)で自慢の快足をアピールした。

【21年シーズン結果(試合数/打席数)】☆は規定打席クリア ※は新加入

 捕 手…☆中村悠平(123/445)古賀優大(54/125)

 内野手…☆村上宗隆(143/615)☆山田哲人(137/581)☆オスナ(120/495)

     西浦直亨(92/276)元山飛優(97/235)川端慎吾(91/93)

     荒木貴裕(100/67)

 外野手…☆塩見泰隆(140/534)☆青木宣親(122/501)サンタナ(116/418)

     山崎晃太朗(114/245)渡邊大樹(94/42) 

【昨年の開幕時スタメン】 【昨年の基本オーダー】  

  1)坂口智隆⑨      1)塩見泰隆⑧      

  2)青木宣親⑦      2)青木宣親⑦        

  3)山田哲人④      3)山田哲人④  

  4)村上宗隆⑤      4)村上宗隆③      

  5)内川聖一③      5)オスナ③   

  6)塩見泰隆⑧      6)中村悠平②      

  7)西浦直亨⑥      7)サンタナ⑨      

  8)中村悠平②      8)西浦直亨

  9)小川泰弘①      9)小川泰弘①  

【今シーズンの開幕一軍候補】

 捕 手…中村悠平 内山壮真 嶋 基宏 古賀優大(西田明央)

 内野手山田哲人 西浦直亨 川端慎吾 内川聖一 荒木貴裕 オスナ 村上宗隆

      (奥村展征 宮本 丈 太田賢吾 長岡秀樹 松本 友 吉田大成)

 外野手…塩見泰隆 青木宣親 サンタナ 山崎晃大朗 渡邊大樹 

    (並木秀尊 ※丸山和郁 坂口智隆 濱田太貴)

【今シーズン予想~打順】  【今シーズン予想~守備】

  1)塩見泰隆⑧      捕 手)中村悠平(古賀優大) 

  2)青木宣親⑨      一塁手)オスナ(内川聖一

  3)山田哲人④      二塁手山田哲人

  4)村上宗隆⑤      三塁手)村上宗隆

  5)サンタナ⑨      遊撃手)元山飛優(西浦直亨

  6)中村悠平②      左翼手青木宣親(山崎晃大朗)

  7)オスナ③       中堅手)塩見泰隆

  8)元山飛優⑥      右翼手サンタナ坂口智隆

  9)小川泰弘①

 レギュラーは遊撃以外はすべて埋まっている。その遊撃は西浦と元山の争いが軸になる。実績でいえば西浦だが、正遊撃手候補を言われ既に31歳。若手への切り替えに舵を切ってよいころで、元山は守備に定評があり、打撃でアピールできればレギュラーも見えてくる。また、長岡と吉田大成(明治安田生命~18年⑧)も昨年スタメンを経験しており、本命不在のレギュラー争いに参戦したい。

 一方でレギュラーは確立されているが、一塁のオスナと左翼の青木、中堅の塩見には不安要素がある。まずオスナだが、昨季は後半戦に相手に攻略され始め、2年目でどう克服するかが課題になる。ただ、オスナの代わりはベテランの内川聖一(大分工高~00年横①)や坂口智隆(神戸国際大高~02年近①)、荒木もおり最悪対応はできる。

 厳しいのが外野で、青木は今季40歳を迎える年齢の心配、塩見は昨年の活躍がフロックではないことを証明するシーズンになる。万が一、青木と塩見が低迷するようだと攻撃力は一気に落ちる。そうなると外野ならどこでも守れる山崎晃太朗(日大~15年⑤)や昨季ファーム首位打者の太田、俊足堅守の宮本、ルーキーの丸山和郁(明大~21年②)が候補になる。塩見はともかく、青木は年齢から後継者探しは必須で、青木の代わりが、結局38歳の坂口になるようでは本当に厳しく、中堅若手のアピールに期待したい。

 その若手で楽しみなのは、捕手の古賀と内山壮真(星稜高~20年③)の2人で、古賀は昨季優勝のかかった後半戦でもスタメンマスクを被り、リードと守備は評価されており、打撃が課題になる。一方、内山は2年目ながら打撃センスが素晴らしく、高校時代は内野も守っていたこともあり、栗原(ソフトバンク)や坂倉(広島)のように打撃で出番を増やしたい。

 ただ、先日ある番組で高津監督が、今季レギュラーを獲得できるほどの若手ブレイク候補はいないとコメントしており、野手の最大の課題は若手の底上げになる。

無欲の優勝から、今季は追われる立場に。チーム2度目の連覇に視界は良好

 期待の選手は、連覇を狙うキーマンを上げたい。投手は高橋奎二で、昨年の日本シリーズの好投が自信になり、今季は先発の柱になるかもしれない。規定投球回数をクリアすれば、2桁勝利やタイトルも見えてくる。期待の選手と言われながら、今季7年目の25歳で、期待の若手から主力に成長してもらわないと困る。

 野手は中村悠平で、まさに攻守の要。昨年の日本シリーズで見せたように、中村の引き出しの多さは何ものにも代え難く、一昨年のように離脱すると控え捕手との差が大きいだけに一気に厳しくなる。リードだけなら嶋基弘(国学院大~06年楽③)、肩なら松本直樹西濃運輸~17年⑦)でも代役になるが、打撃でも6番のポイントゲッターを担っており、中村の存在の大きさは、今季から背負う背番号27が物語っている。

 最後に、今季は混戦セ・リーグのなか、連覇する戦力は揃っている。投手陣は先発、リリーフ含め層は厚くなっており、課題は野手陣になる。レギュラー陣が年間通じて結果を残し、打線が昨年のように繋がれば優勝は近づく。ただ、昨年は無欲で勝ち続け、ラストは勢いで制した面もあるだけに、今年は追われる立場になることで、昨季のような戦い方ができるかがポイントになると思う。

22年戦力展望☆オリックス~昨季優勝したが、チームは発展途上!常勝チームの土台をつくるシーズン

 優勝から遠ざかること25年、6年連続Bクラス、2年連続最下位のチームが四半世紀振りに優勝を果たした。一昨年までは、言い方は悪いが「投」なら山本、「打」なら吉田正尚青学大~15年①)しか目立たないチームだった。

 しかし昨年は、大きくメンバーが変わらないなか、「個」の野球から「全員」野球で優勝まで駆け上がった。開幕スタメンで佐野晧大(大分高~14年③)と太田椋(天理高~18年①)、紅林の若手を抜擢。更に頓宮裕真(亜大~18年②)に開幕マスクを託し、杉本裕太郎(JR西日本~15年⑩)を起用した。そのなかで杉本と紅林がレギュラーに定着し、杉本は一気に本塁打王まで獲得し期待に応えた。

 一方で単純に若手を起用するのではなく、結果が出なければ容赦なく入れ替え、チームに競争意識を植え付けると、福田が外野にコンバートしレギュラーに返り咲き、伏見寅威(東海大~12年③)も捕手で出番を増やした。

 ただ、最初から好調だった訳ではない。開幕当初の5月終了時点では借金4と手探り状態のなか、徐々に主力が固定されてくると、交流戦優勝を皮切りに11連勝もあり前半戦は首位でターンした。

 優勝候補のソフトバンクや、ライバルチームのロッテが自滅気味で後退したこともあるが、同一カード3連敗が一度もなく、最高でも4連敗が一度あるだけで安定感が抜群だった。その安定感を支えたのが盤石の投手陣で、エースの山本は投手5冠に輝き、2年目20歳の宮城が13勝を上げた。 

 最後はロッテとのデッドヒートを制し優勝。日本シリーズではヤクルトとの歴史的大接戦の末、惜しくも敗れたが、発展途上のチームだけに大きな糧になるいことは間違いないだろう。

 【過去5年のチーム成績】

    順位    勝敗       打率 本塁打  盗塁   得点 防御率 失点 

 16年 1位 70勝55敗 18分 .247  133本   50個  551点  3.31  500点

 20年 6位 45勝68敗   7分 .247    90本   95個  442点  3.97  502点

 19年 6位 59勝82敗   2分 .242  102本 122個  544点  4.05  637点

 18年 4位 75勝66敗   2分 .244  108本   97個  538点  3.69  565点

 17年 4位 45勝96敗   2分 .251  127本   33個  539点  3.83  598点  

【過去5年のドラフトの主戦力】

 20年~なし

 19年~宮城大弥(投手~興南高①)紅林弘太郎(内野手駿河総合高②)

 18年~中川圭太(内野手東洋大⑦)

 17年~田嶋大樹(投手~JR東日本①)福田周平(内野手~NTT東日本③)

 16年~山岡泰輔(投手・東京ガス①)山本由伸(投手~都城高④) 

 過去5年のドラフトは実績ナンバーワンではないだろうか。16年に山岡と山本を獲得しただけでも凄いのに、17年の田嶋、19年の宮城とドラフト1位の投手が揃って主力選手になっている。ちなみに山岡は単独指名、田嶋は競合、宮城は外れ1位で「クジ運」の良さも際立っている。

 高校生選手の成長も特筆できる。以前のオリックスは即戦力偏重のドラフトだったが、ここ5年は山本と宮城、紅林のほかにも太田や来田涼斗(明石商高~20年③)、宜保翔(未来沖縄高~18年⑤)などブレイク候補の選手が控えている。また、早いうちから可能性のある選手は順位に関係なく一軍で起用しているのも特徴だ。

●投手陣~山本を中心に盤石の先発陣に、リリーフの層も厚く連敗は考えにくい

  昨年は先発陣が盤石だった。そのなかでも山本は別次元で、15連勝を含む18勝を上げて最多勝と最高勝率、防御率1.39で最高防御率、206奪三振は2年連続で最多奪三振、6完投(うち4完封)で沢村賞と投手の先発タイトルを総ナメにした。

 宮城も13勝に防御率2.51で新人王を獲得し、田嶋と山崎福はそれぞれ8勝を上げ、田嶋は規定投球回数をクリアしている。山岡が2年続けて故障離脱したが、増井浩俊東芝~09年日⑤)や竹安大知(熊本ゴールデンラークス~15年③)がローテーションの谷間を埋め、後半戦は山﨑颯一郎(敦賀気比高~16年⑥)が先発ローテーションに加わり、日本シリーズも経験できたのは収穫になった。

 リリーフ陣はディクソンがコロナ禍で来日できないまま退団し、クローザー不在でシーズンを迎えた。ただ、ヒギンスがセットアッパーに固定されると、ベテランの平野佳寿京産大~05年希)が交流戦から復帰後クローザーを務め、円熟味のある投球で29セーブを上げた。

 8~9回が固定されると、富山凌雅(トヨタ自動車~18年④)がチーム最多の51試合に登板し、防御率2点台で20ホールドを上げれば、後半戦からは吉田凌(東海大相模高~15年⑤)も勝ちパターンに加わった。リリーフ陣は3連投なしを徹底し、ベテランの比嘉幹貴日立製作所~09年②)や能見篤史大阪ガス~04年神自由)、山田修義(敦賀気比高~09年③)が要所を締め、リリーフに本格転向したK-鈴木(日立製作所~17年②)も好投し、リリーフ陣の層も厚くなった。 

【21年シーズン結果】※☆は規定投球回数クリア

 ・先発…☆山本由伸(193回2/3)☆田嶋大樹(143回1/3)☆宮城大弥(147回)

       山崎福也(116回1/3)増井浩俊(71回)山岡泰輔(69回1/3)

 ・救援…富山凌雅(51試合)ヒギンス(49試合)平野佳寿(46試合)

       山田修義(43試合)Kー鈴木(34試合)漆原大晟(34試合)

       比嘉幹貴(32試合)

【今年度の予想】

 ・先発…山﨑福也 宮城大弥 山本由伸 山岡泰輔 田嶋大樹 山﨑颯一郎

       増井浩俊 竹安大知 張 奕

 ・中継…富山凌雅 K-鈴木 比嘉幹貴 山田修義 バルガス 吉田 凌

       ※椋木 蓮 村西良太 能見篤史 海田智行 斎藤鋼記 澤田圭

       ※横山 楓 ※ワゲスパック 漆原大晟 ※ビドル 

 ・抑え…平野佳寿

 先発陣は12球団ナンバーワンと言っても良い。山本と宮城、田嶋、山崎福は決まりで、この4本柱ならば大きな連敗は考えにくい。今季も山本を攻略するのは難しそうで、絶対的エースがいるのは最大の強みになる。

 5~6番手は山崎颯と山岡が有力で、右と左が3枚ずつとバランスも良い。ただ、山岡は2年続けてシーズン途中に離脱しており、昨年は復帰後もチーム状況からリリーフに回っている。先発での完全復活が一番だが、ヒギンスが退団しており、状況によっては山岡のリリーフ起用もあるかもしれない。

 そうなると先発の枚数が不足気味になり、増井や竹安がいるが、そのあとに続く選手が見当たらない。張奕(日本経済大~16年育①)や本田仁海(星槎湘南高~17年④)の若手が少ないチャンスを活かしたい。

 リリーフ陣はヒギンスの退団で、改めて勝ちパターンを確立しなければならないが、層は厚く心配はない。平野にK-鈴木、漆原大晟(新潟医療福祉大~18年育①)が8~9回を争う形になり、新加入のワゲスパック、ルーキーの椋木蓮東北福祉大~21年①)もリリーフの適性が高く、色々なパターンを試しながら確立できれば問題ない。

 6~7回は富山と吉田凌、バルガスを軸にベテランの比嘉や能見がワンポイント、変則右腕の村西良太(近大~19年③)や山田はロングリリーフもできる。また、新戦力左腕のビドル、最速153キロのルーキー横山楓(セガサミー~21年⑥)、昨年ファームで41試合に登板した下手投げの中川颯(立大~20年④)も控えており、様々な場面に対応できるタレントが揃っている。

 とにかく投手陣は伸びしろ十分で、25歳以下で線を引いても、先発で山本と山崎颯、宮城、リリーフで富山と吉田凌、村西がおり、まだまだ成長過程の主力選手が充実しているのは大きな強みだ。

●野手陣~今季も1~4番までは不動!課題は5番以降の下位打線と打線の底上げ

 一昨年、得点数がリーグ最下位で、ここ数年は吉田正さえマークすれば何とかなる打線だったが、昨季はチーム打率と本塁打がリーグ1位と大きく改善を見せた。その吉田正は2年連続首位打者出塁率は4割を超え最高出塁率のタイトルも獲得し、得点圏打率も4割を超える。三振が少なく、豪快且つ緻密な打撃はパ・リーグで最も打ち取りにくい打者になった。

 打線が変わったのは、やはり中嶋監督の起用と采配によるところが大きく、その幾つかを紹介したい。

<福田と宗のコンバート>

 紅林の抜擢もあり、内野で出場機会が減少した福田を二塁から中堅へ、一方で強肩の宗を外野からレギュラー不在の三塁へコンバートした。この2人の1~2番コンビがハマり、福田は打率こそ.275ながら、出塁率吉田正と杉本に次いで高くリードオフマンの役割を果たし、宗は勝負所の大事な場面で勝負強さを発揮した。

<4番・杉本の覚醒>

 杉本の抜擢は当初驚きの目で見られ、これまでは当たれば飛ぶ打者で、分かりやすく言えば三振かホームランの打者だったが、打率3割、32本塁打本塁打王を獲得しブレイクした。物事に“たられば”は禁物だが、あのまま西村監督が指揮を執っていれば、杉本のブレイクはあっただろうか…。

<紅林は起用しながら育成>

 下位打線ながら宮城と同期、2年目20歳の紅林を遊撃手で起用し、打率.228、本塁打10本は十分な成績とは言えないが、経験と年齢を考えてもこれからの選手で、1年間完走したことは大きな自信になった。

<捕手・伏見の起用>

 どちらというと捕手よりも野手として計算されていた選手で、持ち前の打撃の良さで代打の切り札的存在だった。その伏見を捕手として起用し、緩急を活かす巧みなリードで宮城と山崎福とコンビを組んだ。結果、自己最多の91試合に出場し、今季は正捕手争いの中心選手に成長した。

<チームを献身的に支える脇役の存在>

 内野の山足達也(ホンダ鈴鹿~17年⑧)と外野の小田裕也(日本生命~14年⑧)は代走・守備要員で脇役に徹し、小田は101試合に出場しているが、打席は僅かに18打席で1安打。その小田は、ロッテとのCS第3戦で奇襲のヒットエンドランを決めるのだから、いかに中嶋監督がこういった選手も戦力として大事にしているのが分かる。

【21年シーズン結果(試合数/打席数)】☆は規定打席クリア ※は新加入

 捕 手…伏見寅威(91/262)若月健矢(68/140)頓宮裕真(46/125)

 内野手…☆宗 佑磨(139/543)☆紅林弘太郎(136/473)☆福田周平(107/471)

     安達了一(100/382)モヤ(106/375)中川圭太(61/169)

     太田 椋(53/159)

 外野手…☆杉本裕太郎(134/542)☆吉田正尚(110/455)T-岡田(115/407)

     ジョーンズ(72/180)小田裕也(101/18)   

【昨年の開幕時スタメン】 【昨年の基本オーダー】  

  1)佐野晧大⑧      1)福田周平⑧      

  2)太田 椋④      2)宗 佑磨⑤       

  3)吉田正尚⑦           3)吉田正尚⑦    

  4)モヤ③        4)杉本裕太郎⑨      

  5)ジョーンズDH    5)T-岡田③      

  6)杉本裕太郎     6)安達了一④      

  7)頓宮裕真②      7)モヤDH      

  8)宗 佑磨⑤      8)伏見寅威②

  9)紅林弘太郎⑥     9)紅林弘太郎⑥  

【今シーズンの開幕一軍候補】

 捕 手…若月健矢 伏見寅威 頓宮裕真(福永 奨)

 内野手…安達了一 ※バレラ 宗 佑磨 紅林弘太郎 太田 椋 山足達也 

       ラベロ

    (西野真弘 ※野口智哉 大城滉二 大下誠一郎 宜保 翔 中川圭太)

 外野手…※渡部遼人 福田周平 吉田正尚 小田裕也 T-岡田 杉本裕太郎

    (後藤駿太 西村 凌 来田涼斗 ※池田陵真 佐野皓大)  

【今シーズン予想~打順】  【今シーズン予想~守備】

  1)福田周平⑧      捕 手)伏見寅威(若月健矢) 

  2)宗 佑磨⑤      一塁手)T-岡田(中川圭太)

  3)吉田正尚⑦      二塁手)太田 椋(安達了一)

  4)杉本裕太郎⑨     三塁手)宗 佑磨(バレラ)

  5)ラベロDH         遊撃手)紅林弘太郎(野口智哉)

  6)T-岡田③      左翼手吉田正尚

  7)紅林弘太郎⑥     中堅手)福田周平(渡部遼人)

  8)伏見寅威②      右翼手)杉本裕太郎

  9)太田 椋④      D H)ラベロ

 昨季優勝したが、チームの力はいまがピークではなく、まだ伸びしろがある。今季も1番から4番までの上位打線は決まりで、福田と宗も3割を打てる力は十分にあり、今季この2人がさらに個人成績を伸ばせば厄介な1・2番になる。吉田正は3年連続の首位打者に加え、今季は三冠王を狙い、杉本は昨季のブレイクがフロックではないことを証明するシーズンになる。

 課題は5番以降で、ポジションで言えば捕手と三塁を除く内野の争いになる。5番を期待されているのが指名打者候補のラベロで、昨季7月に入団も骨折で一軍に合流したのは本当の終盤で、CSや日本シリーズでは不発に終わった。ただ、3Aでは4割を超える出塁率の実力者で、長打をガンガン打つタイプではないが、日本野球にフィットしそうな中距離打者だ。

 捕手は伏見と若月健矢(花咲徳栄高~13年③)の併用になりそうで、今季も固定するよりは投手との相性を見ての起用になりそうだ。打力の良い頓宮は守備力が課題、ルーキー福永奨(国学院大~21年③)は強肩強打でリードに定評がある。

 一塁はベテランのT-岡田(履正社高~05年①)を軸に勝負強い中川圭太(東洋大~18年⑦)や元気印の大下誠一郎が(白鷗大~19年育⑥)候補になり、遊撃は紅林に宜保やルーキーの野口智哉(関大~21年②)が挑む。し烈なのは二塁で、実績なら安達了一(東芝~11年①)で間違いないが、難病でフルシーズン出場が難しく、紅林に先を越された太田の争いは今季注目ポイントになる。

 このほか、新外国人選手のバレラは二塁と三塁、外野も守れるスイッチヒッターで三振の少ない中距離打者。また、レギュラーは固まっているが、外野もルーキーの渡部遼人(慶大~21年④)は俊足巧打の外野手で守備範囲も広く、代走や守備固めからチャンスを掴み、リードオフマン争いに加わりたい。同じルーキーの池田陵真(大阪桐蔭高~21年⑤)もオープン戦で結果を残し、ポスト吉田正ともいわれる2年目の来田涼斗(明石商高~20年③)は得意の打撃を活かし出番を増やしたい。

 外国人選手含め、やや長打力の欠ける打線だが、機動力を活かした繋ぐ打線で今季はさらに高みを目指す。

伸びしろのあるチームに優勝の経験が加われば黄金期到来も見えてくる 

 期待の選手には昨季ブレイクした2人を上げたい。ともに連覇を狙ううえでキーマンになる。投手は新人王を獲得した宮城で、ルーキーイヤーにプロ初勝利を上げ、昨年は20歳とは思えない落ち着いた投球で13勝を上げた。ただ、後半戦は勝ち星を伸ばせず、シーズン通した活躍が課題になる。

 野手は杉本で、長打力が乏しいチームだけに、昨年のような成績を残せるかはチームのカギを握る。いきなり活躍した翌年、不振に陥る選手はは数多くおり、杉本の覚醒が本物か真価を問われるシーズンになる。

 優勝したがチームはまだ発展途上で、昨年はライバルチームの不振など、“運”に助けられた面もあった。課題は打線とリリーフ陣で、ここが固まれば連覇も十分あり、Aクラスは確保できる。一方で、まだ投打の柱のである山本と吉田正への依存度は高く、昨季活躍した選手たちがさらに成長することで、常勝チームも見えてくる。

22年戦力展望☆阪神~投手陣はクローザーの確立、野手は得点力と守備力を上げ17年振りペナントを狙う

 ファンからするとまさに天国と地獄を味わったシーズン。開幕20試合で、何と16勝4敗、交流戦を終えた時点で貯金は20に達し、16年振りの優勝に備え、関西のTV局では優勝特番の準備を始めたのも頷ける快進撃だった。

 しかし、後半戦に入ると5割キープがやっとの状態で、大事な試合では要所要所でミスが目立った。巨人が半ば自滅気味でペナントレースから脱落するなか、ヤクルトとの一騎打ちで競り負け、12球団最多の勝利数を上げながら2位で終了した。ファンが一縷の望みを託したCSも、ファーストステージで巨人に連敗しシーズンは幕を閉じた。

 両リーグ最多77勝を上げた地力はあり、抜群の安定感を見せた先発投手陣から守護神スアレスに繋げる必勝パターンが出来た。何よりファンを魅了したのはルーキーの活躍で、オープン戦トップの本塁打を放った佐藤輝は、開幕後も好調を維持し本塁打を連発。中野も木浪から遊撃のポジションを奪うと、最終的には盗塁王を獲得した。伊藤将も1年間ローテーションを守り10勝を上げるなど、即戦力ルーキーが新人王を獲得しても遜色ない成績を残した。

 一方で課題も多く、4年連続で12球団最多失策は、後半戦やCSの勝負所で致命傷になる場面が目立った。打線もレギュラーが確立されている反面、レギュラーが不振に陥るとカバーできる選手に困り、結局は攻撃のバリエーションが限られ大事な場面で1点を獲る野球ができなかった。

【過去5年のチーム成績】

    順位   勝敗      打率 本塁打  盗塁   得点  防御率 失点 

 21年 2位 77勝56敗10分 .247   121本   114個  541点  3.30  508点

 20年 2位 60勝53敗  7分 .246   110本  80個  494点  3.35  460点 

 19年 3位 69勝68敗  6分 .251    94本 100個  538点  3.46  566点

 18年 6位 62勝79敗  2分 .253    85本   77個  577点  4.03  628点

 17年 2位 78勝61敗  4分 .249  113本   70個  589点  3.29  528点  

【過去5年のドラフトの主戦力】

 20年~佐藤輝明(外野手~近大①)伊藤将司(投手~JR東日本②)

     中野拓夢(内野手三菱自動車岡崎⑥)

 19年~なし

 18年~近本光司(内野手大阪ガス①)木浪聖也(内野手~ホンダ③)

 17年~なし

 16年~大山悠輔(内野手・白鷗大①)糸原健斗(内野手~JX-ENEOS⑤)

 偶然だと思うが、過去5年は隔年で主力選手が誕生している。19年は5人が高校生なので、まだとやかく言う時期ではないが、それにしても今季のレギュラー5名を獲得し、優勝こそないがAクラスを維持しているのだから、ここはスカウトの努力に敬意を表したい。

 また、昨季はファーム日本一にも輝いており、若手の選手層も厚くなってきている。村上頌樹(東洋大~20年⑤)は最高防御率、西純矢(創志学園高~19年①)も規定投球回数をクリアした。リリーフでは浜地真澄(福岡大大濠高~16年④)がリーグ2位の9セーブを上げた。野手では小野寺暖(大商大~19年育①)が首位打者、井上広大(履正社高~19年②)が打点王を獲得している。

 ただ一方で、高校生で主力になった選手が見当たらない。昨季、中継ぎで及川雅貴(横浜高~19年③)が頭角を現したが、投手では藤浪晋太郎大阪桐蔭高~12年①)、野手では現DeNAの大和(樟南高~08年④)まで遡り、ここが今ひとつスケール感の不足を感じる部分ではないかと思う。 

●投手陣~安定感抜群の先発投手陣は今季も健在!課題はスアレス退団の後継者

 ここ数年、安定感のある投手陣は健在で、昨季は先発陣がゲームを作った。青柳晃洋(帝京大~15年⑤)は13勝で最多勝と最高勝率の2冠に輝き、秋山拓巳(西条高~09年④)と伊藤将が2桁勝利を上げた。ガンケルが日本野球にフィットし始め9勝、西勇輝菰野高~08年オ③)も6勝ながら規定投球回数をクリアした。

 青柳たち先発陣に共通しているところは、いずれも制球力が良く大崩れせず、悪いなりにゲームを作れる。昨季の77勝のうち実に先発5人で48勝を稼いでる。このほか登板数は少ないものの、高橋遥人(亜大~17年②)は4勝のうち2勝は完封勝利で、復活を印象づけた。

 リリーフ陣も先発同様、主力が年間通じて好投。守護神のスアレスは62試合登板で防御率1.16、42セーブを上げ最多セーブを獲得した。セットアッパーの岩崎優(国士館大~13年⑥)もスアレス同様62試合に登板し、41ホールドを上げ盤石のリレーが確立された。

 6~7回は岩貞祐太(横浜商大~13年①と馬場皐輔(仙台大~17年①)のドライチコンビが務め、ともにキャリアハイの試合数に登板。先発で伸び悩んでいた馬場はリリーフとして素質を開花させた。また及川は、中継ぎで39試合登板で1年間完走し、一軍で経験を積んだ。

 一方で、主力以外で目立った成績を上げた選手はおらず、ロッテから移籍のチェンはわずか2試合の登板で期待を裏切り、開幕投手を務めた藤浪も先発は6試合に留まり、完全復活までの目途が立たない。

【21年シーズン結果】※☆は規定投球回数クリア

 ・先発…☆青柳晃洋(156回1/3)☆西 勇輝(143回2/3)秋山拓巳(132回2/3)

     伊藤将司(140回1/3)ガンケル(113回)

 ・救援…スアレス(62試合)岩崎 優(62試合)岩貞祐太(46試合)

     馬場皐輔(44試合)及川雅貴(39試合)

【今年度の予想】

 ・先発…西 勇輝 秋山拓巳 伊藤将司 ガンケル 青柳晃洋 

       西 純矢 藤浪晋太郎 高橋遥人 ※ウィルカーソン ※桐敷拓馬

 ・中継…岩貞祐太 馬場皐輔 及川雅貴 小林慶祐 小川一平   

       ※鈴木勇斗 二保 旭 アルカンタラ 加治屋蓮 ※岡留英貴

 ・抑え…岩崎 優 ※ケラー 

 開幕投手は青柳で、先発ローテーションは西勇に秋山、伊藤将とガンケルに残り1枠の争いになる。順当なら高橋なのだが、今季も残念ながらケガで出遅れ合流の目途は立っていない。

 藤浪や新戦力の技巧派左腕ウィルカーソンもいるが、先発陣が充実しているなか、残り1枠は育成重視で若手に任せても良いと思う。及川が先発に挑戦しているが、高校時代から良いときと悪いときがハッキリする悪癖が解消されたとは言えず、昨季のように中継ぎで短いイニングを全力のほうが合っているような気がする。

 そうなると期待は西純で、昨年は一軍で2試合に先発し、登板間隔を空けたゆとりローテションで経験を積ませるのもアリだ。また、ルーキーの桐敷拓馬(新潟医療福祉言大~21年③)はキャンプから結果を残し、昨季ファーム投手タイトル3冠の村上は今季は一軍で結果を出したい。

 それより心配なのはスアレスの退団で、正直ピンチなんでもんじゃない…。ハッキリ言って代わりはいないが、クローザー候補として獲得したのがケラーで、メジャー通算44試合に登板し、最速157キロで奪三振率は高いが制球力に課題がある。スアレスと比較するのは酷だが、29歳とメジャーでは厳しい年齢だが伸びしろに期待したい。岩崎をクローザーに推す声もあるが、やはりセットアッパーのほうが収まりは良く、岩貞や馬場、昨季後半戦から中継ぎに回り結果を出したアルカンタラから繋ぐ形を維持したい。

 ただ、今季は延長も12回まで延びることで、クローザー不在のなか中継ぎの層を厚くしないと厳しい。若手では及川をはじめ、浜地や小川一平東海大九州~19年⑥)も勝ちパターンに喰い込む投球を見せたい。ルーキーでは、左腕の鈴木勇斗(創価大~21年②)は小柄ながら最速152キロを投げ込み、岡留英貴(亜大~21年⑤)は150キロ超のパワー型アンダースローのなかなかいないタイプ。ともに先発・中継ぎOKで、最初はロングリリーフが良いと思う。

 ベテランの奮闘にも期待で、昨季は小林慶祐(日本生命~16年オ⑤)くらいしか存在感を出せなかったが、守屋功輝(ホンダ鈴鹿~14年④)や加治屋蓮(JR九州~13年ソ①)もまだ老け込む年ではなく、今年の復活に期待したい。

 最後に藤浪だが、個人的にはクローザーまでとは言わないが、スタートからリリーフに専念させてはどうだろうと思う。当然、先発を任せられる力も十分にあり、本人も先発にこだわりがあるようだが、16年の7勝を最後にスランプも今季で6年目…。ここ数年は毎回のようにトレード要員に名前が上がっている。ここで新たなことにチャレンジするのもスランプ解消へのきっかけになると思うが…。

野手陣~今季もレギュラーは不動?得点力アップのためにはプラスアルファが必要

 昨年もチーム打率はリーグ4位、盗塁数1位も本塁打が少なく、得点力は相変わらず低くリーグ5位と停滞したままだ。そういった状況下でも、昨季のスタメンは固定されたままで、開幕後に遊撃が木浪から中野に代わっただけで、それ以外は大きく変わることなく、実に8人の選手が規定打席をクリアした。

 レギュラーが固定されているのは別に悪くもなんでもないが、得点能力に乏しい打線で且つ12球団ワーストの失策数が4年も続くチーム状況を考えると、本当にこれで良いのか?って思ってしまう。レギュラーを脅かす選手がいないと言えばそれまでだが、要はカーリングで言うところのプランBがない。同じ選手が同じ打順で、打席に立っても攻撃のバージョンは限られてしまう。

 結局、選手交代は試合終盤の代走や守備固めに限られ、レギュラー以外で100打席以上立った選手も、開幕スタメンの木浪とベテランの糸井嘉男(近大~03年日自)、後半調子を落とし、結局退団したサンズの代わりに左翼に入ったロハス・ジュニアだけと何とも寂しい限りだ。

【21年シーズン結果(試合数/打席数)】※☆は規定打席クリア

 捕 手…☆梅野隆太郎(130/458)坂本誠志郎(45.73)

 内野手…☆マルテ(128/526)☆中野拓夢(135/525)☆大山悠輔(129/512)

       ☆糸原健斗(125/488)木浪聖也(92/132)

 外野手…☆近本光司(140/612)☆サンズ(120/461)☆佐藤輝明(125/455) 

       ロハス・ジュニア(60/206)糸井嘉男(77/119) 

【昨年の開幕時スタメン】 【昨年の基本オーダー】  

  1)近本光司⑧      1)近本光司⑧      

  2)糸原健斗④      2)糸原健斗④    

  3)マルテ③            3)マルテ③    

  4)大山悠輔⑤      4)大山悠輔⑤      

  5)サンズ⑦       5)サンズ⑦      

  6)佐藤輝明⑨      6)佐藤輝明⑨     

  7)梅野隆太郎②     7)梅野隆太郎②      

  8)木浪聖也⑥      8)中野拓夢⑥ 

  9)藤浪晋太郎①     9)青柳晃洋①  

【今シーズンの開幕一軍候補】

 捕 手…梅野隆太郎 坂本誠志郎 長坂拳弥(榮枝裕貴)

 内野手…山本泰寛 木浪聖也 大山悠輔 熊谷敬宥 佐藤輝明 マルテ

      糸原健斗 中野拓夢 原口文仁

    (北條史也 小幡竜平 陽川尚将 植田 海 高寺望夢)

 外野手…近本光司 糸井嘉男 ロハス・ジュニア 小野寺暖

    (江越大賀 井上広大 島田海吏 ※豊田 寛 板山祐太郎)

【今シーズン予想~打順】  【今シーズン予想~守備】

  1)近本光司⑧      捕 手)梅野隆太郎(坂本誠志郎) 

  2)中野拓夢⑥      一塁手)マルテ

  3)マルテ③       二塁手)糸原健斗(木浪聖也)

  4)佐藤輝明⑨      三塁手)大山悠輔

  5)大山悠輔⑤      遊撃手)中野拓夢(山本泰寛)

  6)梅野隆太郎②     左翼手ロハス・ジュニア(豊田 寛)

  7)ロハス・ジュニア⑦  中堅手)近本光司

  8)糸原健斗④      右翼手)佐藤輝明(小野寺暖)

  9)青柳晃洋①      

 今季もレギュラーに大きな変化はないだろう。変わるとすれば大山と佐藤輝のどちらかを4番にするかくらいで、個々の成績が得点能力に直結すると言える。

 ヒットメーカーの近本は、プロ3年で通算476安打、打率.292、91盗塁で盗塁王を2度獲得するなど、不動のリードオフマンとしてチームを引っ張り、中野は近本を抑えて昨年盗塁王になり、長打力はないがともに出塁率3割を超える機動力のある1~2番はやっかいだ。中軸は選球眼が増し、チーム最高出塁率のマルテが3番に座り、大山と佐藤輝の左右の大砲が並ぶ打線は期待できる。

 ただ、それ以降の下位打線に迫力がない。梅野隆太郎(福岡大~13年④)や糸原健斗(JX-ENEOS~16年⑤)など実績のある選手が並び、梅野のチャンス強さも数字に表れているが、長打力も機動力が特別ある訳ではない。ロハス・ジュニアは長打力はあるが、打率.217と確実性に乏しく、得点圏打率は1割とチャンスで打てず、現時点では期待値のほうが大きく、現在の外国人選手は投手が5名、野手は2名で、なぜ助っ人野手を獲得しなかったのか不思議だ。

 そんななか打力で期待できそうなのは、小野寺と井上、ルーキーの豊田寛(日立製作所~21年⑥)くらいで、江越大賀(駒大~14年③)や高山俊(明大~15年①)が伸び悩み、この期に及んで糸井や原口文仁(帝京高~09年⑥)のベテランの名前が挙がってくるのが寂しい。また昨季は大山が今ひとつで、外野の競争が激しければ佐藤輝を本職の三塁で使うこともでき、外野手の底上げが一つの課題と言える。

 守備力ではやはりセンターラインを強化したい。捕手は梅野も坂本誠志郎(明大~14年②)も守備力の高い強肩で、中堅はゴールデングラブ賞の近本がおり、課題は二遊間になる。昨季は糸原が二塁で7失策、遊撃の中野はファインプレーも多い反面17失策、ちなみに大山も三塁で10失策している。

 二遊間の守備力重視なら、候補は熊谷敬宥(立大~17年③)と小幡竜平(延岡学園高~18年②)で、特に小幡の守備能力はチームナンバーワンと言われている。年齢もまだ22歳と若く、下位打線で辛抱強く起用しても良いと思う。また、先述したが大山は昨季は攻守に今ひとつで、外野の競争もお寒いことから、打撃の良い糸原を三塁で起用することもできる。

シーズン前に監督が辞意を表明する異例のスタート…Aクラスは固いが課題は多い

 今年注目選手では、投手では秋山拓巳に注目している。古い話だが、高校時代はエースで4番を打ち、打者でのプロ入りもあった二刀流選手。力でグイグイ押す投球のイメージがあったが、操る変化球の精度がいずれも高く、制球力の良い丁寧な投球で、打ち取るスタイルに益々磨きがかかった気がする。安定感は申し分なく、今季初タイトルも期待できる。

 野手ではチームリーダーの大山悠輔で、色々と厳しい意見を書いたが、元々入団時から余計なプレッシャーを一身に受けるなか、4番打者として結果を残してきた。昨季は得点圏打率.205と、チャンスで凡退が目立ったが、打点はチーム最多の71。脂の乗り切っている28歳のシーズン、不動の4番として活躍すればおのづと守備のリズムも良くなるはずだ。

 最後に阪神お決まりのオフのお家騒動で、矢野監督はシーズン前に辞意を表明した。このことで大きくチームの成績に影響を及ぼすことはないが、定年退職でもあるまいし、あまりスッキリすることではなかった。

 今季は主力が離脱がなく、クローザーに早め目途が立てばAクラスは固いと思う。ただ、優勝となると投打にもう一押し欲しい。逆にレギュラーの離脱や複数選手が不振に陥るころがあればBクラス転落の可能性もある。

22年戦力展望☆ロッテ~実力主義で若手の台頭に期待!半世紀ぶりの勝率1位の優勝を狙うシーズン

 昨年は開幕5連敗スタートも、4月中旬には借金を完済。前半戦は打線が好調で、荻野貴司トヨタ自動車~09年①)とマーティンの1・2番が機能し、中村奨吾(早大~14年①)とレアードの中軸で得点するパターンがハマり、3位でターンした。

 後半戦になると投手陣が安定感を増し、小島がプロ初完封を飾るなどエース格に成長し、令和の怪物・佐々木朗希(大船渡高~19年①)も大器の片りんを見せ、終盤戦は大事なゲームを任された。リリーフもシーズン途中に加入した国吉佑樹秀岳館高~09年横育①)~佐々木千隼(桜美林大~16年①)~益田直也関西国際大~11年④)の勝ちパターンが確立した。

 9月に単独首位に立つも、それ以降は連敗が続き、マジック点灯に足踏みが続いた。なんとか10月にマジックを点灯させるも、残り11試合は5勝6敗。141試合目でオリックスに優勝を奪われ悔しいいシーズンになった。ポストシーズン楽天こそ退けたものの、オリックスには2敗1分で一昨年に続き1勝もできずにシーズンを終えた。

 ただ、オリックスのように絶対的なエースがいる訳ではなく、ソフトバンクのように選手層が厚い訳でもない。東京オリンピックには12球団で唯一選ばれなかったが、そのなかでも2年連続2位になったチーム力が今季は実を結ぶかもしれない。

【過去5年のチーム成績】

     順位   勝敗      打率 本塁打 盗塁   得点  防御率 失点 

 21年 2位 67勝57敗19分 .239   126本   107個  584点  3.67  570点

 20年 2位 60勝57敗  3分 .235    90本   87個  461点  3.81  479点

 19年 4位 69勝70敗  4分 .249  158本   75個  642点  3.90  611点

 18年 5位 59勝81敗  3分 .247    78本 124個  534点  4.04  628点

 17年 6位 54勝87敗  2分 .233    95本   78個  479点  4.22  647点  

【過去5年のドラフトの主戦力】

 20年~なし

 19年~なし

 18年~小島和哉(投手~早大③)

 17年~藤岡裕大(内野手トヨタ自動車②)

 16年~酒居知史(投手~大阪ガス②) 

 過去5年のドラフトを見ると寂しい限りで、酒居は既に楽天へ移籍している。とてもチーム力が上がっているとは思えないが、今季の成績で一気に主力になれるスケール感のある選手が控えている。

 投手ならリリーフで素質を開花させた佐々木千、パワーピッチャーの東妻勇輔(日体大~18年②)はともにリリーフエース候補。また、2年目の鈴木昭汰(法大~20年①)と河村説人(星槎道都大~20年④)は先発・リリーフもでき、19年に8勝を上げた種市篤暉(八戸工大一高~16年⑥)はケガからの復活を目指している。

 野手では、4番候補で安田尚憲(履正社高~17年①)と山口航輝(明桜高~18年④)の左右の和製大砲候補に、トリプルスリーを狙える藤原恭大(大阪桐蔭高~18年①)はレギュラー候補。また、打てる捕手の佐藤都志也(東洋大~19年②)、ファームで2年連続3割の高部瑛斗(国士館大~19年③)、足のスペシャリスト和田康士朗(BC富山~17年育①)などバラエティにも富んでおり、今季何人かがレギュラーを獲得できれば黄金時代到来も夢ではない。

●投手陣~令和の怪物、佐々木朗と新たな三本柱にリリーフはポスト益田に期待

 前半戦は先発が思うように試合を作れないなか、岩下大輝(星稜高~14年③)が8勝を上げ先発陣を支えた。後半戦になると小島が2完封を含む自身初の10勝と規定投球回数をクリアし、佐々木朗は勝ち星こそ3勝だったものの防御率2.27の好成績で、後半戦だけに限って言えば2人がエース級の活躍を見せた。また、ルーキーの河村はリリーフから先発に回ると後半戦で4勝を上げ、途中加入のロメロも4試合ながら、防御率1点台の安定感を見せ、今季に繋がる活躍を見せたのは収穫だった。

 一方で、開幕投手の二木康太(鹿児島情報高~13年⑥)が5勝に終わり、石川歩(東京ガス~13年①)と美馬学東京ガス~10年楽②)の両ベテランも6勝と今ひとつの成績に終わった。

 リリーフ陣では、佐々木千が前半を支え、スタートはビハインドの面や敗戦処理だったが、結果を残しセットアッパーに定着し、54試合で8勝を上げた。前半が佐々木千なら、後半はDeNAから加入した国吉で、唐川侑己(成田高~07年①)の離脱やハーマンの不振もあり、移籍後直ぐに7回の勝ちパターンに組み込まれると17ホールドの好成績を残した。

 そしてなんといっても益田である。開幕から救援失敗が続いたが、そこは百戦錬磨の経験で復活。終わってみれば、パ・リーグのクローザーではただ一人シーズンを完走し、67試合登板で38セーブで自身2度目の最多セーブを獲得した。

【21年シーズン結果】※☆は規定投球回数クリア

 ・先発…☆小島和哉(146回)岩下大輝(120回)二木康太(117回)

     美馬 学(115回1/3)石川 歩(80回)鈴木昭汰(79回1/3)

     佐々木朗希(65回1/3)

 ・救援…益田直也(67試合)佐々木千隼(54試合)小野 郁(49試合)

     ハーマン(45試合)唐川侑己(38試合)田中靖洋(38試合)

       東妻勇輔(37試合)国吉佑樹(25試合)

【今年度の予想】

 ・先発…石川 歩 小島和哉 美馬 学 佐々木朗希 岩下大輝 

       種市篤暉 二木康太 西野勇士 鈴木昭汰 本前郁也 河村説人 ロメロ

 ・中継…佐々木千隼 唐川侑己 東妻勇輔 小野 郁 ※ゲレーロ 国吉佑樹     

       ※廣畑敦也 ※八木 彬 田中靖洋 中村稔弥 横山陸人 土居豪人

 ・抑え…益田直也 

 開幕投手には石川が決まり、制球力と安定感が抜群で小島と佐々木朗の若手を抑えた。小島も好調を維持し、昨年後半で一皮向け今季も2桁勝利を計算できる。そして佐々木朗である。オープン戦では圧倒的な投球を見せ、シーズンが終わるころにはどんな成績を残しているか楽しみで、本当に山本(オリックス)とタイトル争いを繰り広げているかもしれない。

 先発は石川に小島、佐々木朗が三本柱になり、プラス美馬までは決まりで、残り2枠の争いになる。順当にいけば岩下と二木になるが、鈴木と本前郁也(北翔大~19年①)の両左腕に、河村や昨季ファーム最多勝の森遼太朗(都城商高~17年育②)も加えギリギリまで競争は続きそうだ。

 また、故障からの復帰を目指す種市は夏ごろに合流になりそうだが、西野勇士(新湊高~08年育⑤)は間に合い、中継ぎスタートになるがいずれ先発に回る予定で、来日遅れのロメロが合流すれば先発陣は厚みを増す。

 リリーフは益田のクローザーは決まりで、佐々木千と国吉の勝ちパターンは今年も健在で、唐川や田中靖洋(加賀高~05年西④)のベテランの存在も頼もしい。

 若手では小野郁(西日本短大高~14年楽②)や東妻も信頼を高め、勝利の方程式に喰い込みたい。横山陸人(専大松戸高~19年④)は球速もアップし成長著しく、土居豪人(松山聖陵高~18年⑧)も一軍定着を狙う。佐々木千に小野、東妻はポスト益田を目指す活躍を期待したい。

 新戦力ではルーキーの八木彬(三菱重工エスト~21年⑤)の評価が高く、152キロの直球とフォークが武器。同じく廣畑敦也(三菱自動車倉敷~21年③)は先発、リリーフともに適性がありロングリリーフ等で出番が増えそうだ。新外国人のゲレーロは、制球力に課題はあるが最速164キロのストレートが武器で、日本で活躍するタイプと言える。

 最後に育成選手では、遅い球が武器の技巧派左腕の佐藤奨真(専大~20年育④)に、昨季のファームセーブ王の小沼健太(BC茨城~20年育②)がキャンプで好投を見せており、支配下登録されればさらに投手陣の層が厚くなる。

●野手陣~若手の台頭があれば、さらに得点力アップ!期待はドラ1の安田と藤原

 得点数リーグ1位の打線は、チーム打率は、.239のリーグ4位ながら、本塁打はリーグ3位もトップからは7本差、盗塁数は100を超えリーグ1位、四球と出塁率はリーグ2位と数字を見ても得点力が上がってきている。

 個々で見ると荻野と中村奨が全試合にスタメン出場。荻野は36歳にして全試合で1番打者で出場し、最多安打と最多盗塁のタイトルを獲得した。チームリーダーの中村奨は、高い出塁率と守備率で、4年連続全試合出場と2年連続全試合スタメン出場と攻守でチームを引っ張り、荻野とともにゴールデングラブ賞を獲得した。このほか恐怖の8番打者と呼ばれた藤岡が規定打席をクリアしている。

 外国人選手も結果を残し、マーティンは9月に骨折で離脱したものの27本塁打75打点、腰の手術明けのレアードも29本塁打95打点で最後まで打点王を争った。また、エチェバリアは打撃こそ今ひとつだったが、メジャー屈指の守備で何度もチームのピンチを救い、それぞれが役割を果たした。

 一方で若手は。山口が開幕スタメンの座を勝ち取り9本塁打を放ち、和田も代走中心ながら盗塁王を獲得したが、それ以外は今季も伸び悩んだ。開幕4番の安田は序盤は良かったものの後半はスタメン落ちが増え、藤原も7・8月の月間MVPを獲得するも、終わってみれば打率も2割でともに規定打席もクリアできなかった。佐藤都も打撃では成長を見せたものの、田村の故障離脱のチャンスを活かせず、中日から加入した加藤匠馬(青学大~14年中⑤)の後塵を拝した。

【21年シーズン結果(試合数/打席数)】※☆は規定打席クリア

 捕 手…田村龍弘(70/165)佐藤都志也(62/155)加藤匠馬(57/123)

 内野手…☆中村奨吾(143/615)☆レアード(136/545)☆藤岡裕大(137/483)

       安田尚憲(115/399)エチェバリア(79/216)

 外野手…☆荻野貴司(143/643)☆マーティン(116/499)角中勝也(107/326)

       藤原恭大(78/254)山口航輝(78/228)岡 大海(110/185)       

【昨年の開幕時スタメン】 【昨年の基本オーダー】  

  1)荻野貴司⑦      1)荻野貴司⑦      

  2)菅野剛士③      2)マーティン⑨       

  3)マーティン⑨        3)中村奨吾④   

  4)安田尚憲⑤      4)安田尚憲⑤      

  5)山口航輝DH     5)レアード③      

  6)中村奨吾④      6)山口航輝DH     

  7)鳥谷 敬⑥      7)岡 大海⑧   

  8)田村龍弘②      8)藤岡裕大⑥

  9)藤原恭大⑧      9)加藤匠馬②  

【今シーズンの開幕一軍候補】

 捕 手…※松川虎生 田村龍弘 佐藤都志也 加藤匠馬(柿沼友哉)

 内野手…※池田来翔 藤岡裕大 安田尚憲 中村奨吾 レアード エチェバリア

    (平沢大河 三木 亮 福田光輝 井上晴哉 小川龍成)

 外野手…荻野貴司 藤原恭大 岡 大海 山口航輝 和田康士朗   マーティン

    (角中勝也 福田秀平 菅野剛士 高部瑛斗)

【今シーズン予想~打順】  【今シーズン予想~守備】

  1)荻野貴司⑦      捕 手)田村龍弘(松川虎生) 

  2)藤原恭大⑧      一塁手)安田尚憲(山口航輝)

  3)中村奨吾④      二塁手)中村奨吾

  4)マーティン⑨     三塁手)藤岡裕大(池田来翔)

  5)レアードDH     遊撃手)エチェバリア(平沢大河)

  6)安田尚憲③      左翼手荻野貴司(高部瑛斗)

  7)エチェバリア⑥    中堅手)藤原恭大(和田康士朗)

  8)藤岡裕大⑤      右翼手)マーティン(岡 大海)

  9)田村龍弘②      D H)レアード

 今季、井口監督は期待値ではなく実力で選手を起用すると明言している。そのなかでレギュラーは中村奨と荻野、レアードとマーティンが決まりで、あとは言葉の通り若手がキャンプでベテランを煽り、結果選手層に厚みを持たせたい。

 捕手は田村か加藤で決まりだろうと思っていたところに、ルーキーの松川虎生(市和歌山高~21年①)が予想以上外の活躍を見せ、史上3人目の高卒ルーキー開幕スタメンもあり得る。元々、打撃と肩は良かったがキャッチングやリード面でも高評価を得ており、田村は近年故障が多く、加藤は強肩で守備は良いが打撃に難があり、当初は3~4年後の正捕手候補が、1年目からの正捕手獲りも夢ではない。こうなると佐藤都の起用法が悩みで、個人的には得意の打撃を活かし野手専念でも良いと思う。

 内野はレアードが一塁または指名打者、二塁が中村奨は決まりで、三塁と遊撃の争いになる。一塁はレアードのほかに山口が控え、安田が一塁に回ることも出来る。三塁はその安田に期待したいが、キャンプでもなかなか快音が響かない。そのなかで安田と同学年ルーキーの池田来翔(国士館大~21年②)が結果を残し、守備だけなら藤岡やエチェバリアの三塁起用もあり、安田は早くも今季が転機になると思う。

 遊撃はその藤岡とエチェバリアの争いで、ともに守備は良く個人的にはセンターライン強化で、遊撃は守備力重視で、三塁は打撃重視で良いと思う。ただ、そのなかでオープン戦打撃好調なのが平沢大河(仙台育英高~15年①)で、2年間一軍出場がなく今季が勝負の年になり、打撃でアピールして三塁でも遊撃でも出番を増やしたい。

 外野は左翼の荻野と右翼のマーティンが決まりで、中堅の争いが激しい。誰もが期待するのは藤原だが、安田と同様に現状は今ひとつ。走攻守揃ったベテランの岡大海(明大~13年日③)や打力アップでレギュラーを狙う和田との争いに、オープン戦好調の高部も加わり混戦になっている。

 打線は2番を誰にするかがポイントになる。昨年は前半はマーティン、その後は藤原、終盤は日替わりで最後は中村奨が務めるなど最後まで決まらかった。荻野が1番に座り、中村奨~マーティン~レアードの中軸に繋げるために、2番がやはりポイントになる。

 今季の打線のカギを握るのはやはり若手の台頭だが、一方で忘れていけないのはベテランの奮闘で、角中勝也(四国IL高知~06年⑦)はもう一花咲かせたいところで、ムードメーカー三木亮(上武大~13年②)は黒子として欠かせない存在だ。また、井上晴哉日本生命~13年⑤)や福田秀平(多摩大聖ケ丘高~06年ソ①)の復活にも期待したい。

投打に若手の台頭があれば、優勝候補の最右翼。2年連続2位の悔しさを晴らしたい

 注目の選手は、投手はやはり佐々木朗希だ。オープン戦を見ていても、直ぐにでもシーズン開幕しても大丈夫だと思う。160キロを超えるストレートに変化球の精度も上がり、セットポジションやフィールディングも進化している。今季は初の中6日で、1年通せるかが課題になるが、その課題をクリアできれば多くのタイトルを獲得しているだろう。

 野手では、岡大海に期待している。昨年は2度のサヨナラ本塁打に、好守備で何度もチームを救った。また、盗塁の成功率も高く、走攻守で高い潜在能力を秘めている。今季31歳のベテランだが、オリックスの杉本のようなブレイクがを期待できる選手だ。オープン戦でも好調を維持しており、今季はチームのキーマンになりそうな気がする。

 あるプロ野球の専門誌で、スポーツライターが順位予想を載せているが、9名中6名がロッテ優勝を予想している。今季は昨年の悔しさが今季の原動力になり、優勝候補の一角として、かなり近い位置にいると思う。

 パ・リーグも混戦になると思うが、スタートダッシュに成功し、若手が台頭すれば独走する可能性があるチームはロッテだと思う。今季は半世紀振りの勝率1位の優勝を実現したい。